• プロフィール

    HIRO

    • Author:HIRO
    • 某電機メーカーで、情報システムの営業職を経て、現在はマーケティングに従事。顧客の経営改善に寄与するためにビジネススクールに通い、中小企業診断士を取得。息抜きのサーフィン、サッカー、ランニングが最近楽しい。

      ツイッターアカウントは@hiro761006です。
  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2012/12/26(Wed)

聖林言語学院破綻に伴う債権者集会

勉強のためにも債権者集会に出席してきました。当然債権回収は難しいわけですが気になったのは経営破綻の経緯です。

【債務規模および原因】
ピーク時売上:約1億円 直近はその2/3程度への落ち込み。
現時点での負債総額:2500万円
破綻の直接的な原因:国税局による口座差押による資金繰りの行き詰まり

設備投資をそれほど必要としない業態である学校経営においては変動費的要素が多く機動的な経営が実現できるはずですが、なぜそうしなかったのか?という趣旨の質問も見られましたが僕が気になったのは経費認識の違いという点です。

質問時間も十分ではないので限定的な情報から推測しますが消費税の脱税による口座差押の要素が強いように見受けられました。その場合、担当した税理士の責任もかなりあるのではないでしょうか。経緯は次の通り。

【消費税に関する経緯】
平成20年度の税務調査で消費税の未納が発覚。当初経費計上していた講師の給与を人件費相当との指摘を受けて未納消費税の発生ということです。

消費税の納税額は、売上に対する消費税から、仕入・経費・資産購入等において支払った消費税(仕入税額控除)を引いて計算するのが原則的な方法だと思います。ただし、給与は仕入税額控除ができない経費であり、その給与を経費として申告、消費税の支払額を過少申告したということだと推定されます。

これだとすると、決算を監査した税理士の責任も重いのではないかと思います。また、日本の税法までしっかりわからずに日本で事業をしていた外国人が税理士に面倒見てもらっていながら破たんに追い込まれた訳で悪意の有無如何によってはちょっとかわいそうだとも思いました。もちろん意図的な脱税の可能性もありますし、給与の遅配などに応じた従業員のほうがよりかわいそうなのは言うに及ばずですが。

無念。
スポンサーサイト
Home | Category : 中小企業診断士 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
2012/01/22(Sun)

衝動買い


髪を切りに行った際にやっていたセールで滅多にしない衝動買い。3万円が9500だった。これなら許してくれるだろうか。
Home | Category : 中小企業診断士 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2012/01/21(Sat)

2次回


今夜はこいつをあけます!
Home | Category : 中小企業診断士 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2012/01/21(Sat)

次は


泰明の古酒を飲んで(これまたうまい!)続いては三段仕込みです!



いやぁ幸せです。
Home | Category : 中小企業診断士 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2012/01/21(Sat)

仕事上がり


渾身の講義の講義の疲れをとるのはやはり焼酎でしょうか。兼八、栄花、青酎のセットです♪
Home | Category : 中小企業診断士 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2011/12/31(Sat)

今年もありがとうございました。



今年も大変お世話になりました。

振り返るとやはり最初に心に浮かぶのは、震災の日。
翌日の土曜日に診断士講座の講義を控え、
是が非でも自宅に帰りつく必要があり
4時間をかけて歩いて帰ったわけだけど、
何より第一京浜が人であふれて車が動かないあの姿は危機を身近に感じた瞬間だった。
結局、翌日の講義は中止になったので、まぁ、良かったわけだけど。

3時間の講義をするにはもちろんそれなりの準備もするので
プロとしてはあの状況でも講義をする覚悟はあったわけだが、
結果中止になったのは、英断だったと思う。

その後は、やはりハワイでの語学勉強というところだろうか。
ワイキキビーチのポッポスで乗った10年ぶりの大波というヤツも
ダイアモンドヘッドから見た風景も、
ワイキキを走り抜けたジョギングの感触も
僕の中にしっかりと経験として根ざしている。

趣味の観点ではマラソンの意味合いが増している。
サーフィンも楽しいんだけど、ジョギングも楽しい。
引っ越ししてますます走ることが楽しいことになっている。

診断士の仕事が今年から来年にかけて拡大していく風で
僕としては、ここ数年の目標を少しづつ達成できている。
数年前に35までにやりたい事のいくつかとして
富士登山や、ハワイサーフィン、診断士業務を大きくすることなどがある。

積み残していることは、
・屋久島探訪
・海外業務
・フルマラソン

最後に、今年は眉間にしわが寄っていた気がする。
来年は笑顔をテーマに頑張りたいと思います。

宜しくお願い致します!!








Home | Category : 中小企業診断士 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2011/12/11(Sun)

週末42km



powered by 地図Z




powered by 地図Z



いやー走った!


Home | Category : 中小企業診断士 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2011/10/29(Sat)

塩浜~葛西周遊20K



powered by 地図Z




先日開拓した新ルート。だけどもう走ることもあるまい。。。。
Home | Category : 中小企業診断士 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2011/10/02(Sun)

どうやら忙しいことが分かった。


10-12月の診断士活動のWBSを作成。
今年は例年以上にさまざまな仕事が入ってきており、
今年はかなり忙しい。

引っ越し、英語があるから週末だけじゃ絶対終わらないし、
平日の夜どんどん診断士活動しなきゃね。
まずは酒をやめよう。

それにしても、ありがたい話だ!






Home | Category : 中小企業診断士 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2011/08/07(Sun)

知的交流会。


先日8年来の友人や僕の先生と勝手に思っている人たちと1年ぶりに再会。
この時期にみんなで飲むのは何か定番になりつつあるね。
コンサルタントやMBAホルダー、研究者など多士済々。
その中で印象に残ったいくつかの話。

■world is still round!

トーマスフリードマンが書いたフラット化する世界(The World Is Flat)では
世界中の経済が統合されて同等の競争環境や価値観が形成される世界が来る、
簡単に言うとそういう市場感を書いた書籍だった。

日本では2006年に発刊された訳だけど
それから5年経ってみて様々な企業の教育やアクションラーニングしている先生曰く
結局各社が言っていることは
world is not flat,still roundという事だ。
結局世界はブロック経済圏を形成し、その経済圏間は決して交わらない、
という事を意味している。
結果として、one global market-one global brandという事は
結果として意味を持つのか、global no.1 brand という事は意味を持つのか、
というisuueが出された。

これは非常に興味深い話で
サプライサイドから考えると、
”市場”を定義することの意味はいまだ重要である事になるし、
戦い方として、howもwhereも同じくらい意味を持つことになる。
これは、not flatだからだと理解した。

僕の仕事で見ると、日本企業のグローバル化が進む中で
情報システムのあり方はどのような姿が理想的か、と言う点で
いくつかの見方もポイントもある。

グローバル1インスタンスで統合するのもあれば、
各局管理するケースも存在する。
はたまた、海外子会社の各社のスケールで層別化し
複数ソリューションを組み合わせるケースもある。

自社が市場をどう捉えるのか、どうmarketingを進めるのか、
という事は、単なるシステムのROIやロールアウトの容易性、時間軸以外にも
十分に気にしていい視点だと個人的には思った。


■大阪の起源

最近読んだ本からという事で出されたテーマだったが
大阪が商都となったのは江戸幕府の陰謀だった説。
政治、教育の面で骨抜きにすることで
江戸幕府にとっての脅威を減らすことに主眼があったという話だが
例えば・・・、

・給食未納率全国No.1
・NHK未払い全国No.1

などワーストランキングに大阪が多いのはそもそも江戸幕府から来る教育の結果だと。
そして、極め付けがこれ。昨年テレビで報道されたらしいが
僕はこのニュースを全く知らなかった。

-------------------------
大阪市環境局の河川事務所(大阪市西区)に勤務する技能職員31人のうち二十数人が、
河川の清掃作業中に見つけたかばんなどから現金などを着服していたことがわかり、
市は4日、職員を刑事告発する方針を明らかにした。最高で20万円を抜き取った事例もあったという。
事務所の責任者が、問題を1年以上前に把握して放置していた疑いもあるといい、
平松邦夫市長は同日緊急の記者会見で「悪質極まりない。徹底した調査を行う」と述べた。

 市によると、関係者の内部告発を受けた市議が9月24日に平松市長と市環境局長に相談して発覚。
市環境局が、技能職員らに聞き取ったところ、大半の職員が
「ずいぶん前から、現金などを抜き取っていた」と認めたという。
--------------------------

この時の様子を若い職員がビデオでこっそり録画してテレビ局に
その画像を売って発覚したらしい。
だから、この河川局にみんな行きたがっているらしく、さらにはお札を抜きとった後の
サイフを再び道頓堀川に戻していたらしい。
仕事がなくなると困るからね。

ホント考えられない。
他にもここにかけないような様々な話がいっぱいあったが
行って思ったのは最近どうも自分自身、無駄なリスクを避けるとか
小さく縮こまった発想し化していなかったのかも、と思うことが一番収穫かな。
もっとアグレッシブにいかなきゃいけないなぁと思った夜だった。



Home | Category : 中小企業診断士 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2011/05/18(Wed)

UA大好き!



想い出は辛いけどね。

Home | Category : 中小企業診断士 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2011/05/05(Thu)

病院

先日、『たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学(テレビ朝日)2011/05/03(Tue)19:00』
を別の事をしながらだらだらと見ていた。


これを見て、以下の3点を感じた。


・同じような発生している現象(症状)でも原因は様々である
・初診の結果と2ndオピニオンでは結果的に担当科が違う
・問診のヒアリングが非常に重要


母数が十分ではないし、注意してみていたわけではないけど
これが正しいと仮定すると、現在の医療の仕組みである


・自分で受診科を選択するやり方はいくつかの病気にとっては適切ではない。
・複数の診療科を横断的に把握した上で分析する診断が大事


だと思うんだ。
僕が一部患っているアトピーも実は内臓の問題であり
乳酸菌や食事の調整によって大きく改善されることを実感している。
これも皮膚ではなく、内科的アプローチが本来は大事だと思うんだよね。
番組では高血圧の例が出されていたけど
診療科横断の診断が、別途費用がかかってもいいので
ある程度あってもいいのではないだろうか。

僕が知らないだけで、既にこうした仕組みが実装されているケースもあるかもしれないけどね。 どうも大病院は縦割り、政治のイメージが強くて診療科横断の情報共有とイメージが無い。せめて最初に記載する問診表を多段階に深い内容にすることからはじめられないだろうか。

Home | Category : 中小企業診断士 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2011/04/17(Sun)

3.11以後の日常

世の中の複雑さがまして、混乱が助長されている。
僕ら日本人のいい面と悪い面が両方あけすけに公開されていて
僕は自分の気持ちが整理がつかない感じだ。

外国メディアから日本人の美徳や誠実さ、モラルを持ち上げられ誇りに思う。
一方、本来、結果と原因の関係に無いもののへの感情的な批判が渦巻いている。
こんな世の中が僕らの求めた未来だっただろうか。


■「想定外」への批判

想定外だった、というコメントに対して渦を巻くような批判がなされている。
堤防があるから安心、原発は安心というコメントに対する批判。
全部嘘だった、なんていう替え歌まで生まれてしまった。

絶対に違うと思う。
安心、というものには一定の前提が置かれていたはずだ。
未来永劫全ての災害に対して問題ないなんていいえるはずが無い。
堤防10Mもそうだ。
ある一定の想定の前に作られた安心であり、結果は想定外だったとすれば
それは仕方がないだろう。
必要以上に対策を練ると、当時は金の無駄だとか、バラマキだとか言われたはずで
結果だけ見て批判するのは、認められない。
結果だけ見て批判する人ほど、その意思決定時にどのような行動をしたかを問われるはずだ。


■停電について

僕は東京23区内にすんでいる。
停電にはならなかった。
だから、停電批判をする人を批判する立場には無いとも思う。

確かに千葉の旭市とか、浦安とか、被災地とか、
そこへの停電には一定の論拠があるように思う。

また、このような混乱時に一旦発表した内容を撤回したり
発表通りに実行しないことは混乱に拍車をかけるだけという問題がある
という指摘も最もだと思う。

一方、見方を変えて東京電力からすると
出来るだけ停電をしないで済むようにしたい、という義務感があるはずだ。
しかしながら、ブラックアウトを絶対に起こしてはならない、ということもあり
その発生した結果は膨大な経済的な打撃をもたらし、東京電力が負いきれる責任ではない。
だから、二重三重にもブラックアウトの発生を回避できる水準を想定して
停電範囲を決定することになるんだと思う。
これを何故批判できるだろうか。

川一本挟んだ東京側は停電になっていないことへの不公平感に対する
感情的な苛立ちは分からないとは言わないけど、
地理的にある区間に分けてその電力をコントロールするしかないので仕方ないと思う。

■ACへの批判

ACへの批判なんて全く当てはまらない。
とばっちりもはなはだしい。
こういう論理的ではないことを言う人には僕は酷く腹が立つ。
そんなことを批判する?って感じだよね。
ただ救いなのは、少なくとも僕の周りにいる常識のある人たちは
こんな批判がおかしいと気付いていること、
yahoooのニュースコメント欄にもこの批判があまり的外れだという意見が
トップにいたことなどだと思う。
さらに、そんな的外れの批判に対しても関係者が努力をして
あたらしいCMを作るあたりに真面目な国民性が感じられて僕はどこかほっとした。

■原発への批判

地震と津波による被害の発生自体には、東京電力への批判は適当ではないと思う。
歴史上2番目に大きい地震を想定して対策を準備することが必要だとしたら
それは1私企業の対応できる範囲を超えている。
電力料金の値上げを踏まえてそれを受領できる心構えのある人が
その批判をいう事が出来るはずだ。

原発そのモノを批判して、クリーンエネルギーにすればいいという人もいる。
そういう人も同様だ。
その前提には当然電気料金が倍以上に膨れ上がることに同意することが求められる。
そういう耳の痛い情報とセットにならず、いい話だけを言う人の言葉を
僕は信じられない。

比較対象としてヨーロッパの事例が出されるケースが多いが
ヨーロッパも原発天国のフランスから売電される電気をかっているんだ。
この比較ははっきり言うと正しいといえるのだろうか。

世界は軍事力による戦争から経済力による戦争に移った時代になった。
経済の戦いに負けることがその自国民を幸せにしないことは明確だ。
日米ともに起こったことだが、国民の中国による拘束が起こり
解決できない政治には限界を感じる。
中国に米国債という人質を握られ、政治が弱腰のアメリカの例を
見る間でもなく経済戦争を感じるんだ。

とした時に、原発に頼らなくて日本はやっていけるのだろうか?
電気代が上がって製造業の競争力がますます減少し
日本国内の雇用がどんどん失われる。
そうした時に国内に希望は生まれるだろうか。
貧しくても幸せ、という価値観をここ前豊かになってしまった日本人が
受け入れられるとは僕は思えない。

■その他

福島県知事が東京電力社長との面会拒否、とか
川崎市がごみ受け入れ発表も住民から大クレーム続発、とか
イトーヨーカドー節電するも顧客からクレーム、とか。
考えられない批判だよね。
いつから日本人はこのように強欲になってしまったのか、と
石原都知事が嘆く真意は判る気がする。
天罰発言自体は被災者の気持ちへの配慮という点では問題があったのは事実だが
その真意に僕らはもっと目を向けるべきだと思う。

一方、
セリーグのナベツネへの強引な前倒し開催への批判
東京電力による汚染水の海への垂れ流し
政府による発表の遅れ、
などは批判されてしかるべきだし、
東京電力への取材をする記者の口の聞き方の酷さも同様だと思う。


このエントリ自体、批判者を批判しているので褒められたものではないが
批判より褒めあうこと、建設的で前向きな意見をするようにしたいものだ。






Home | Category : 中小企業診断士 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
2011/03/17(Thu)

地震から7日。

地震から7日がたった。
今でも余震を過敏に感じる。

僕はこの1weekを忘れられないだろう。

今はまだこれくらいしか書く気になれない。
Home | Category : 中小企業診断士 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2011/02/06(Sun)

今月は繁忙期。


毎年のことだが、2月3月は診断士の講義準備、ドキュメントの作成、講義プランの立案に加え
実際の講義を行うっていう事でもの凄く!!忙しい。

体調管理に時間管理をしっかりしないと間に合わないね。

頑張ります!!



Home | Category : 中小企業診断士 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2011/02/01(Tue)

Facebookとmixiとtwitter

僕はこのサイトにblogを持ち、
facebookとmixiにアカウントを持ち
twitterにだってアカウントを持っている。

だけど、ほんとの意味でコミュニケーションとしては成立していないのではないかと
僕はやっぱり思うんだ。
最近記事で読むところによると
学生などの若者はあいた時間に友人のtweetをチェックし、
mixiのエントリーの更新を一折チェックして休み時間を使い切ると。
そこまでして誰かとつながっていたいのだろうか。

facebookとtwitter、ともに実名でやる人も結構いる。
こうすると、情報の信頼性が上がるため発言力のある人と無い人が
如実になり、発信力格差を助長する。
例えば、ホリエモンはフォロワーが570,000人いるが
自身がフォローしている人は200人足らずだ。

そして、このようなフォロー<フォロワーの差がmegaなユーザ同士が
つながっていくことで、ますますその発言力格差が助長されていく。
つまり、フォローしている人は無意識にそのmegaユーザの
発言力拡大マシンと化していく側面を持つ。

逆転構造がおきにくくなり、階層構造の固定化が起こる。
現代の社会の変遷に似ているかもしれない。
これを、「悪」とするか、「仕方ない」と捉えられるかどうかは
1億層中流といわれた過去の日本と決別できるか否か、と少しだけ似ている。



でも、本当につながることの出来る友人はそれほど多くは必要ではきっと無い。

I never had any friends later on like the ones I had when I was twelve. Jesus, does anyone?
12歳の時にできた友人にまさる友人をその後二度と持ったことはない。みんなそうだろ?

映画『stand by me』のラストシーンから。

Home | Category : 中小企業診断士 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2011/01/16(Sun)

twitterにみる2つの事件



年末の海老蔵事件を吹き飛ばした
大桃美代子twitter暴露事件とホテルアルバイトによる稲本-田中デート暴露事件。
一見すると、マスメディア的にはもの凄くおいしいネタっぽくも見えるのだが
そうそう盛り上がらないところにメディアのあざとさとメディアの終焉を僕は思うんだ。

前者の大桃美代子暴露事件は、自爆であるところが特長だ。
よーくみていると、かなり多くの芸能事件はあるイベントや作品のリリースとセットで
ご丁寧にニュースリリースまで一緒で提供されている。
だから、結果的に自爆のこの事件は金のにおいがしない、という事で芸能記者の気を引かない。
適切なタイミングで芸能ネタがメディアにリークされ、作品の集客効果と
芸能リポーター達がしたり顔で語る”新しい仕事場”がセットでカネを生み出すことになる。

所詮その程度のやつらだから、結果的に伝統的な芸能リポーターには後輩が育たない。
既にその職業が社会的に限界で、ある面では嫌悪されている仕事であることを物語っている。
これはあるネットからの引用なのだが、あの不倫事実はtwitterで大桃美代子が自爆で暴露する
2ヶ月くらい前に別の芸能リポーターがtweetしていたという話だ。
その時は、その事実に何のスポンサードもつかないので所詮盛り上がらずに終わったというレベルだ。
結果的に、大桃美代子は身内のしきたりを犯したことで所詮干されるだろうし
麻木は、そのコメントの正確性、信用が商売の暖簾とするコメンテータとしての立場は
この1件で台無しで当分仕事にはならないだろう。
そして、山路も結果的にヒモっぷりが明らかにされて、得した事は無い。
誰も得しないことをやらかしたんだと思う。


一方、稲本-田中事件は、単なる興味でインターネットで素人が暴露することの恐ろしさを
ものがった事件になってしまった。
あのtweetをしたアルバイト女子大生は、あのtweet後、数日たった今日時点で
顔写真も名前も住所も趣味も全て丸裸にされてしまった。
この1件で本人の就職活動はまず絶望的だろうと、一部では報道されたりしている。
匿名でやってもあまりに軽はずみで、衝動的な行動は個人の人生を破壊しかねないという事だ。

真実は、それが本当のことだとしても、カネにならないと判断されると
社会のニュースリストから削除されてきたわけだが
やり様によってはネットを使えば、それを世間に広く知られることには出来るようになったわけだ。
だけど、それをする事が誰の得になるかといわれるとちょっと疑問に思うような気もする。
もちろん、その事実の分野にもよるんだけど。
ウィキリークスなんて典型だと僕は思う。


Home | Category : 中小企業診断士 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
2010/10/31(Sun)

プレミアムモルツ




僕はこのCMがすきだ。
僕自身プレゼン資料を何度も作っているが、中々言いたいことを
シンプルに伝えることが出来ない。

このCMはメッセージがシンプルで秀逸で、何より表現が完璧。

学ぶことは多いね。


Home | Category : 中小企業診断士 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2010/10/29(Fri)

今日起きたら右上半身の体がしびれていた。
特に上を向いたら右の脇や後輩筋アタリに痺れを感じる。

今日は単なる寝違えと思ったけど
その後2週間状態は徐々に改善するも一気に良くなる気配はない。
明らかに寝違えではないと感じる。
2週間すると今度は右手の人差し指と中指に痺れを感じるようになった。
これでいよいよやばいと感じるようになった。
完全にまずいと思う。オーバーワークだろうか。
右手の体温も低い。

仕事が忙しく発症から3WEEKたっていすず病院へ。
頚椎ヘルニアではない、と言われて一安心。(11/18)

しかし、明らかに右手に力が入らない。
これは本当に大丈夫なのか、と心配になる。



Home | Category : 中小企業診断士 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2010/09/09(Thu)

来月から会社で英語の研修開始


まずは昔の水準を取り戻したいね。

英会話スクール通ってみたけど全然足りないのでレアジョブで勝負!
Home | Category : 中小企業診断士 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。