• プロフィール

    HIRO

    • Author:HIRO
    • 某電機メーカーで、情報システムの営業職を経て、現在はマーケティングに従事。顧客の経営改善に寄与するためにビジネススクールに通い、中小企業診断士を取得。息抜きのサーフィン、サッカー、ランニングが最近楽しい。

      ツイッターアカウントは@hiro761006です。
  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2006/06/23(Fri)

【W杯】壁

大きな壁がそびえ立った。

世界NO.1のブラジルはやはりとてつもなく強い。よく日本のMF陣は技術的に高い水準にあるといわれるが、それでいてもこのカナリヤ色した選手達に囲まれると色あせて見えた。特に中村はこの大会悪かった。普段のアベレージから見てもよくなかった。パスの精度、判断速度、トラップ。中村も実は、ロナウジーニョのように笑顔が試合中見られるときがある。そうは全く見えなかった。試合後のインタビューの中村の圧倒的に落ち込んだ表情が印象的だった。インタビューアがつぶやいた。「すみませんでした」誰の言葉だったのだろうか。


試合終盤、あの中田(英)でさえ走れなくなっていた。クロアチア戦ほどの鬼神のような動きは無かった。翻ってみると中田だけが世界トップ基準を見てきた選手であり、その視線が見据える水準には誰一人としてついて行けなかった。中田はこの大会を最後に代表引退を申し出る、そう言われている。日本が生んだ稀代のMFの持つ経験・水準を承継する選手が出るべき大会であった。その候補は誰であったのだろうか。多くの犠牲やコスト、時間をかけて生み出した選手であることは言うまでもない。日本サッカーが積極的な育成策を展開した結果生まれた中田という選手はここ10年日本サッカーの看板であった。進化というものは一定の傾きで上るものではないと思う。Jリーグが出来てからここまでの道のりはある程度右肩上がりであったが、これからの進歩は容易ではない。伸び悩みを超える打破するダイナミズム。初戦、2戦目の戦いを含めてもこれが今の日本代表の限界だろう。中田は何を感じていたのだろうか。シュート、トラップ、パス、フィジカル、どれをとっても中田がトータルで唯一世界に届いていたが、世界トップからみると、中田でさえアベレージだ。試合終了後長時間にわたりグランドの寝そべっていた。その姿はもう見ることが出来ないかもしれない。自分が中心にならざるを得ない歯がゆさ。結局最後まで中田が融合できなかったように見える。その姿を受け継ぐのは・・・。


この試合で明らかになったこと、例えば小笠原は水準の高い選手だといわれる。しかし、その選手でさえトラップ一つ見ても半歩差がある。その差がパス回しの精度に影響をする。稲本は僕の好きな選手で、シュートもうまいほうだと思う。先取点を生んだ大きなサイドチェンジ。あれは視野の広さ、パスの強さ・精度が備わっていたことを示す。その選手においてもミドルシュートの正確さは世界トップと見ても大きな差が出る。


それでは何が通用したのだろうか。敏捷性というキーワードが言われることだが、それはこの試合の玉田のゴールを見ても証明できた。フィールド10Mを細かく動き続ける事は良質であることを証明できた。しかし、それを90分続けることは難しい。対策を考える必要がある。キーワードは2つある。

①前回大会と比べてディフェンスラインの高さは5-10M後ろにあった。これにより日本の敏捷性の良さを発揮することが難しくなった。そんな中無理にボール奪取を敢行し、必要以上の体力消耗を強いられた。試合展開によって上げるところと下げるところを使い分ける必要がある。

②オフザボールの動きの質がまだまだ全体に低い。それにより連動性があがらなかった。今日の試合でも目立ったのだが、速攻で上がったと全員が相手ディフェンスラインの裏を焦って狙っている動き。トップと2列目が入れ替わって裏を狙うとか、攻め入るときのオフザボールの動きの質を上げることが何よりも重要だ。


今大会を見て思うのは、ドリブルでもパスでもシュートでも縦に突破できる強さが不足していた。特にこの直近4年間、日本サッカーが伸び悩んだ。一気に成長のダイナミズムに乗るため超えなければならない壁がある。




スポンサーサイト
Home | Category : サッカー |  コメントアイコン Comment3  |  Trackback0
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。