• プロフィール

    HIRO

    • Author:HIRO
    • 某電機メーカーで、情報システムの営業職を経て、現在はマーケティングに従事。顧客の経営改善に寄与するためにビジネススクールに通い、中小企業診断士を取得。息抜きのサーフィン、サッカー、ランニングが最近楽しい。

      ツイッターアカウントは@hiro761006です。
  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2009/09/23(Wed)

『その日のまえに。』

『その日のまえに』という映画を見た。これは重松清の同名小説の映画化だ。
先に結論を言う。

映画とは別物だと思って映画を見れば楽しめる。

僕はこの本が好きで、何度も読んだんだ。だから・・・
この映画を僕は許せない。本の、物語の持つ世界観を壊しすぎていて、独善的であると
断罪せざるを得ない。単なるお涙頂戴のものにはしたくない、結構結構。ただし、
それは原作のないオリジナルな物語で実施してほしい。ファンが楽しみにしている
根っこのあるの物語では、やっていいこととやってはいけないことがある。

『最近の映画は説明しすぎている。』

これは監督の大林宣彦さんが言っていた言葉だ。それを受けての映画なのかもしれないが
これはないんじゃないの??みたいな。そっちの方向で製作したいのなら、もっとそっちの
方向に映画をふらないと!!!僕はこの映画ががっかりだ。

映画単体でみると僕も目をうるませてしまった部分もあり出来が悪くはないと思うけど
ものすごくいいともいえない。原作のポテンシャルから考えるとこんな程度ではないはずだと思う。
だからこそ、こんな中途半端なデキではリメイクも期待できない。

それが僕には残念だ。流星ワゴンや小さき者へなど傑作を送り出している重松清さんのなかでは
平均的なデキ、という人もいるかもしれないけど、僕はこの本が好きだ。


それだけに許せない。








スポンサーサイト
Home | Category : 映画 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。