• プロフィール

    HIRO

    • Author:HIRO
    • 某電機メーカーで、情報システムの営業職を経て、現在はマーケティングに従事。顧客の経営改善に寄与するためにビジネススクールに通い、中小企業診断士を取得。息抜きのサーフィン、サッカー、ランニングが最近楽しい。

      ツイッターアカウントは@hiro761006です。
  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2010/07/31(Sat)

The transference interview of Seiichiro Maki

I decided that I,Seichiro Maki will transfer to Ham Cal Perm' from JEF Ichihara Chiba. In transferring, I appreciate AMUKARU Perm' ,Russia League ,that I can have the opportunity to challenge on the world stage and I want to challenge how it is accepted that I have acquired in JEF until now . I also was aware of the fact that I become 30years old ,this challenge become more difficult for me. Because of the feeling of wanting you Japanese to see it being able to succeed once again even from this situation, I make decision of this challenge . In challenging ,strongly I feel the responsibility that JEF had dropped on the stage of J2 last year, and I worried very much whether it is good decision that I leave the team when the team is now painful situation. Sometimes I feel whether I should ascertain firmly that JEF is promoted to the stage J1.

Up to now ,I played with this club in feelings that I want to leave something,and succed in this club though I obtained the chance to challenge to overseas club several times. in that situation , I made the decision of transfer because of feeling that this offer is last chance. In this club, there were several case the leading player fell out in sequences , but I remain this club in feeling that I want to change the TEAM for the players to want to play with this club ,to able to be pride of playing this club and play in belief of wanting to change from the glance of the players. Under the circumstances, I honestly felt chagrined and regret very much to my self having to leave this club. Although I am the person to leave this club , I want this club to change the club which the player who will go away the team, and the player who will come back can take pride of this club firmly. I want this club to change the club which have the considerations and assiduities to the players.I think this club can get growth about the such the factors.However , I think it is positive transfer. At the time of the last , I feel nice if I can greet smilly.I think I was really taken of by this club.I am full of the feeling of gratitude.

I feel to get thc chance to come back to this club JEF by this transfer , although I , one football player ,want to pursue the high level , high target and my own style which I want and to challenge more and more. In my feelings, this club has the same value as the superior club like the manchester united
and Barcelona. Although I might be laughed, I feel such a high value for me. I want to play with this club again and push hard to come back to this club.









今回、私巻誠一郎は、ジェフユナイテッド市原・千葉からアムカル・ペルミへ移籍することが決まりました。移籍するにあたり、ロシアリーグ、アムカル・ペルミさんには私に世界の舞台でチャレンジする機会を与えていただき感謝していますし、今まで僕がこのジェフで培ってきたことがどのくらい通用するのかということにチャレンジしたいと思います。僕自身、年齢も30歳になりますし、厳しいチャレンジになるということは自覚しています。そういった中で、ここからでももう一度成功できるということを日本の皆さんに見てもらいたい、そういう気持ちが強く、今回チャレンジする決断に至りました。
チャレンジするという中で、昨年、ジェフをJ2の舞台に僕自身が落としてしまったという責任を非常に感じていますし、チームが今苦しい状況にいる時にクラブを去って本当に良いのかと僕自身非常に悩みました。J1に昇格するのをしっかりと見届けるべきなのではないかという気持ちもありました。

これまでに何度か海外にチャレンジするチャンスをいただきましたが、何とかこのクラブで成功したい、何かを残したいという気持ちで今までこのクラブでプレーしました。そんな中で、今回が本当にラストチャンスだと私自身強く感じ、移籍の決断に至りました。このクラブには、主力選手が次々と抜けていく厳しい時代もありましたが、そういう中で僕は、選手が“このクラブでプレーしたい”という思い、このクラブに誇りを持てるようにしたいという思いでこのクラブに残り続け、何とか選手の目線から変えたいと思いプレーしてきました。そういう中で僕自身がこのクラブを去らなければいけなくなったことは正直、非常に悔しさと無念さがあります。このクラブを去る身ですが、このクラブにはこれから先、去っていく選手や帰ってきてプレーする選手が、しっかりと誇りを持ってプレーできるクラブになっていってほしいと思います。選手に対する配慮であったり、心遣いであったりを忘れないクラブになってほしいと思います。そういう部分ではこのクラブはまだまだ成長できると思っています。とは言え、僕の中ではすごくポジティブな移籍だと思っています。最後は笑顔で皆さんに挨拶できればという気持ちでいっぱいです。このクラブには本当にお世話になったと思っています。感謝の気持ちでいっぱいです。

サッカー選手としてプレーしている以上はもちろん、高い目標、もっと上のステップや、自分が望むようなスタイルを追求したいというのがありますし、もっともっとチャレンジしたいという気持ちはありますけれども、今回の移籍で、もう一度ジェフに帰って来られるチャンスをいただいたと思っています。僕の中ではマンチェスターユナイテッドだったりバルセロナだったりというクラブと同じ価値がこのクラブにはあります。笑われるかもしれませんが、僕の中には本当にそれくらいの価値があります。またこのクラブでプレーできることを望みますし、戻って来られるように頑張りたいです。
スポンサーサイト
Home | Category : サッカー |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。