• プロフィール

    HIRO

    • Author:HIRO
    • 某電機メーカーで、情報システムの営業職を経て、現在はマーケティングに従事。顧客の経営改善に寄与するためにビジネススクールに通い、中小企業診断士を取得。息抜きのサーフィン、サッカー、ランニングが最近楽しい。

      ツイッターアカウントは@hiro761006です。
  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2010/12/31(Fri)

2010年をふりかえって。


今年もいよいよ大晦日。

毎年思うことだけどホントはやかった。
1月に40人近く呼んで大合コンをやったのが昨日のことのように思われる。

今年を一言でいうと、忍耐というところだろうか。
前半は結構真剣に結婚しようと頑張ったもののどうしてこうなってしまったのか。
後半は半分破れかぶれになって、10歳も若い女と付き合いすぐに分かれる。
最前線で戦っている、自分のレゾンデートルを証明するため以外の
何ものでもなかったかのような恋愛。
まだ、自分は戦力になるんだという事を自ら確認するベテランスポーツ選手の様でもある。
尖閣諸島の上で日本の旗を振って戦っているようなものだ。

ここ数年で見ると最も少ない回数しか合コンもしなかったし
最も少ない回数しかサーフィンもしなかった年だった。
去年の靭帯の怪我が前フリになって、今年の前半はサーフィンが出来なかった。
さらにサッカーはもう出来ない体になった。
体調面を言うと、10月末から右手に痺れが走るようになった。
針やストレッチを駆使してぎりぎり年末には回復した姿に戻れたけど
まだ、サーフィンをしていないのでホントに大丈夫なのかかなり不安だ。
いずれにせよ、肩の筋肉の硬直が原因なので
同じ体制でパソコンに向かって仕事をしすぎたといえる。

その仕事。
今年はホントに忍耐だった。
去年の12月から頑張ってきた案件に続き、
年後半の案件など必死にやってきた案件で成果を出せず
自分の力の無さや無能さを感じるところも多かった。
とはいえ、ここ数年継続してきた仕事面で一定の手ごたえも
ある程度感じられる面もあった。
高い理想を掲げ、その差異を埋める努力を続けてこそ自分の力は向上する。
その面から見ると、それによる悪いストレスによる心理的な面も色々あったが
何とか今年を乗り切ったというところだろうか。

今年は去年までの活動や結果をひきづった年だったと思う。
一方、例年以上に年内でクローズしてしまい、未来への展望を導くことが出来なかった。
来年は気分を一新して新しい未来へ踏み出せる年にしたい。

今年培ったものとしては、英語についに手を出してしまったこと
そして、診断士の仕事を拡大したことだ。
どちらも先送りにしていて、どうしようかと懸案になっていたものだ。

英語は冷静に考えれば考えるほど、僕は海外が好きなわけでもないし
日本ほどすみやすいと思う国は無いと思うくらいだ。
だから、もしこのまま定年まで楽しく働けるのなら多分勉強などはしなかっただろう。
それでも、この先に不透明感、現在の閉塞感を考えると
僕の年代では多分英語なしでは逃げ切れない、そう判断したんだ。

診断士の仕事は悩みどころだったね。
別にこれ以上の金をプライベートの時間を犠牲にしてまでほしいわけではなく
とはいえ、付き合いの長い先輩診断士からの要請もあって今に至る。
ただ、年末に来て思うことはやってきて良かったと思うことだ。
相当規模の人の前で年間50時間以上講義をする経験は
今にして僕に一定以上の自信をもたらしてくれている。

例年以上という意味では職場の人との飲みが人生で一番多かった。
それはそれで嫌なわけではなく、非常に楽しい体験だった。
来年は公私共に勝負の年かも知れない。
来年の成果が僕の人生を左右するかもしれない。
今年は気付いたら多くのものに乗り遅れそうでそれに焦った年だった。
来年リカバリーできないともうお終いかもしれないね。

今年もホントに有難うございました。
来年も宜しくお願い致します。






スポンサーサイト
Home | Category : Private |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。