• プロフィール

    HIRO

    • Author:HIRO
    • 某電機メーカーで、情報システムの営業職を経て、現在はマーケティングに従事。顧客の経営改善に寄与するためにビジネススクールに通い、中小企業診断士を取得。息抜きのサーフィン、サッカー、ランニングが最近楽しい。

      ツイッターアカウントは@hiro761006です。
  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2005/12/05(Mon)

音楽が恋をした詞

最近かなりお気に入りの曲がある。

アーティスト:COOLON
曲名:KAGEROU

青春時代を思い出すような甘酸っぱい歌詞ととってもPOPでさわやかな曲。かなり好感をもてるよ。

-----------------

オレンジ彩る雲の下
今は遠くにいる君の明日
夏の香り残る夕暮れ
立ち止まった僕にまた 『がんばれ』

季節変わりの風が吹く
一人たたずむ防波堤
夕焼けのなか一番星キラリ輝く
きっと君もどこかで見てますように…

(そっと目を閉じれば焼きついた記憶)
白く輝く照り付ける太陽
日差しかわすように照りつける日陰見つけ急ぎ足
焼けた砂浜裸足のままかける君 
子供のままはしゃぐsummer
白い水着がまぶしくて青い空・海しか見えなくて

波打ち際乱反射しているサンシャイン
寄せて返すたび思いっきりスマイル
浮き輪より沿い沖までエスコート
きらめく海二人BEST
時の流れ波の音奏で見渡す水平線
装う冷静 胸の鼓動 バレルるメッセージ

泳ぎ疲れ手を繋いで
波打ち際二人の名前を書いた…
波がさらった 凹んだ俺君は笑った

あんなに日焼け気にしてたのに
なんか嬉しそうに跡比べて今もうっすら残るょ
あの夏の日差し忘れない

季節変わりの風が吹く
一人たたずむ防波堤
ため息すらもかき消す
励ますょうなセミの声
きっと君もどこかで聞けますように

耳を澄ませばほら微かに
聞こえてきたのは祭囃子
期待に胸膨らませ
急ぐ待ち合わ場所から手を振る影

初めて見たよね浴衣姿
恥ずかしそうに照れておどけた
眼に映る君はいつもとは違う感じで また惚れなおしました

陽が沈み暗くなり 輝きました月明かり
話の途中で音と共に光り夜空に咲く打ち上げ花火
花開く度明るくなると染まる横顔に胸高鳴る
はぐれない様に繋いだ細い手 心のフィルム残る思い出

二人交わしたクチヅケは思い出に生きてます
10年先でも構わないきっと君とどこかで
会えますように…

関連記事
スポンサーサイト
Home | Category : 音楽 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。