• プロフィール

    HIRO

    • Author:HIRO
    • 某電機メーカーで、情報システムの営業職を経て、現在はマーケティングに従事。顧客の経営改善に寄与するためにビジネススクールに通い、中小企業診断士を取得。息抜きのサーフィン、サッカー、ランニングが最近楽しい。

      ツイッターアカウントは@hiro761006です。
  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2006/02/17(Fri)

オープンソース②

前回にひきつづきオープンソースについて書く。

俗に言う2007年問題で多くの知識人が自由になる事と、開発プラットフォームが標準化された場合、パッケージビジネスに大打撃になる可能性があることについて前回のべた。

さて、ここで考えてみたい。例えば、生産管理業務においてMRPのエンジンなどは、高性能な物を志向すると、簡単には作れないのではないか?その通りである。大容量なデータをまわすことを考えると確かに、ロジックではなくエンジン系において多少のオープンソースは難がある可能性がある。

さて、それを踏まえて、現在のパッケージビジネスで起こっていることを考えてみたい。WEB化、リッチクライアント化、そして、強者連合化。生産管理ではなかなか実績のあるMCフレームと会計で強みを持つプロアクティブが補完関係としての提携を実現した。セントラルDBを統合したキレイなERPではなく、インターフェース連携で実利を取った感じだ。そしてもう一つは特にGLOVIAに見られるが、企業毎の要件にのってカスタマイズで実装した機能のライブラリ化、モジュール化を積極的に進め、横展開。当たり前のことだけど、それはそれで今まで場当たり的にやられてきたのが実情だと思う。それが、最近かなり戦略性をもって進められ始めたことを感じる。詳しいことはこれ以上書けないけど、ある製造業の大手のEDIと金型など図面情報の文書管理の連携を企業圏を相手に一気に進められている事例が出てきている。

パッケージ市場の特にERP分野はここ数年、企業の経営分析から顧客の懐に入り、業務改善目標などを経営的に説明、提案することで差別化することが多かった。しかし、ここにきて、いよいよ勝ち組と負け組みのパッケージベンダの”実機能”での差が広がってきて、もう一度製品力の戦いに戻りつつある。これは、提携なのか、市場ニーズを拾い自社で作りこむのかは別として(単なる手段だから)ユーザーのパッケージの機能に求める視点が高度化している証の一つだろう。とすると、オープンソースは、要件定義におけるスピード感やきめ細かさ、実態即応感は強みが発揮されうるだろう。つまり、オープンにすれば知がかみ合い、発露させる場が与えられれば、速度や中身はこちらに強みがある可能性がある。その要件を実装することの速度が問題になる。極端な話、ここは人月仕事で安く、人数を投入すれば解決できる可能性がある。問題は、開発部品として必要になるエンジン部品などである。

そこで、大手ITベンダには、部品をライセンスしながら、業務系オープンパッケージを開発する場を実験的に与えてみたらどうだろうか。先行者有利が働く分野だから、実験としては面白いんじゃないのだろうか。


 
関連記事
スポンサーサイト
Home | Category : 中小企業診断士 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
  • コメントありがとうございます。
    速読の件も更新しますね。

    また飲みにいきましょう。

  • 是非是非!

    飲みに行きましょう!

Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。