• プロフィール

    HIRO

    • Author:HIRO
    • 某電機メーカーで、情報システムの営業職を経て、現在はマーケティングに従事。顧客の経営改善に寄与するためにビジネススクールに通い、中小企業診断士を取得。息抜きのサーフィン、サッカー、ランニングが最近楽しい。

      ツイッターアカウントは@hiro761006です。
  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2006/06/11(Sun)

【W杯】不屈

壮大な叙情詩の終わりは残酷なコントラストを描き出していた。紡ぎだしたエンディングは同一なのに、こうも反応が変わるものだろうか。ジャイアントキリングに感動するのはどこの国も同じだろうか。

スウェーデン vs トリニダードトバコ

スタジアムのほとんどを占めたスウェーデンサポーターの呆然とした姿に対して、充実の赤い働き蟻達。戦略オプションはほとんどない。しかし見事な一手。9人で守り1人で攻めるとき、その大事な9人の1人が退場。レオ・ベーンハッカーは、あえて減少した8名の守備から、1名さらに削り2トップに。こうなったときにスウェーデンサポーターも選手もベ
ンチも誰もこういうエンドを迎えるとは思わなかったのではないか。


ひたむきさが、削りあいが、美しいということを示した。

関連記事
スポンサーサイト
Home | Category : サッカー |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。