• プロフィール

    HIRO

    • Author:HIRO
    • 某電機メーカーで、情報システムの営業職を経て、現在はマーケティングに従事。顧客の経営改善に寄与するためにビジネススクールに通い、中小企業診断士を取得。息抜きのサーフィン、サッカー、ランニングが最近楽しい。

      ツイッターアカウントは@hiro761006です。
  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2006/06/18(Sun)

【W杯】発見

韓国にワールドカップを見に行ったのが4年前。あのときに見た試合の一つが米国VSドイツ。試合はロングボールが多く、単調で見所が少ない試合だった。もともと米国もドイツも仕掛けの繊細にかけて、見せるサッカーという意味では確かに欠ける。


ドイツVSポーランド


後半44分。2度ポストをたたく不運。これで試合は終わったと思った次の瞬間。オドンコルから絶妙のセンタリング。シュート自体は手前でショートバウンドした為、難しい。普通は浮いてバーを越えてしまうところ、足の裏で押さえつけながら押し込んだシュート。ベテランらしいノイビルのゴール。

ロスタイムのドラマ。ゲルマン魂というのはあきらめない姿勢。感動的な試合。華やかさ以外のサッカーの魅力をもう一度認識させられた。



関連記事
スポンサーサイト
Home | Category : サッカー |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。