• プロフィール

    HIRO

    • Author:HIRO
    • 某電機メーカーで、情報システムの営業職を経て、現在はマーケティングに従事。顧客の経営改善に寄与するためにビジネススクールに通い、中小企業診断士を取得。息抜きのサーフィン、サッカー、ランニングが最近楽しい。

      ツイッターアカウントは@hiro761006です。
  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2005/04/19(Tue)

PC仕事の生産性

ある機械部品メーカーの企業担当者がこういっていた。
『うちの社長は”PCをいじっているのは仕事ではないという。だから、PCを半分にしろ!"というんです。しかもホントにやりました』

ある意味では正しい。パソコンをいじっていたってスポーツ新聞のサイトを見ていればそれは一般的に仕事ではない。とはいえ、現在の仕事からPCをなしには考えられないとのも事実である。大人数の会議をする場合、各部署にFAXを送り、確認の電話をして・・・という昔話を聞くたびに、メールは便利だと思うし、そんな昔に戻りたくないとも思う。やっぱり、PCは仕事の生産性を上げたのは事実であり、使いこなす能力の向上もやっぱり大事だ。

そこで、、思う。ノートパソコンはキータッチしにくい。持ち運べるメリットを生かしつつ、"普通のキーボード"のような使いやすさを保持したい。特に僕はぶきっちょだから、小さく圧縮されたB5ノートの小さなキーは打ちづらい。しかし、単純にノートパソコンにキーボードをつなげると机の上が”2つのキーボード”に占有され、狭いデスクをますます狭くする。これでは他の事務仕事の生産性も下がり、何の為にやっているかわからなくなる。

前振りが長かったが次のような使い方はどうだろう。

全体はこんなカンジ。ノートPCが平べったくなって、デスクに垂直に立っているのが分かる。
20050419_1820_000.jpg


近づいてみるとこんなカンジ。


20050419_1821_000.jpg


20050419_1821_001.jpg


銀色のパーツで固定されているのが分かる。これは、100円ショップで買ったまな板たてだ。これにより、デスクがPCに支配されるスペースを最小限にし、かつキーボードのキータッチによる生産性を確保することが出来る!GOOD!!試したくなったらやってみよう!と勧めているが僕の事務所でなかなか広がらない。ニーズがないのだろうか。変わり者!?という他人の目に耐えるコストだけがネックであることは付記しておこう。


今日はこの辺で。
関連記事
スポンサーサイト
Home | Category : 中小企業診断士 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。