• プロフィール

    HIRO

    • Author:HIRO
    • 某電機メーカーで、情報システムの営業職を経て、現在はマーケティングに従事。顧客の経営改善に寄与するためにビジネススクールに通い、中小企業診断士を取得。息抜きのサーフィン、サッカー、ランニングが最近楽しい。

      ツイッターアカウントは@hiro761006です。
  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2008/08/11(Mon)

金言


8月2・3日は中小企業診断士の試験だった。

今までこの試験のために多くの人が頑張ってきて、そして残酷なくらいデジタルに

その成否を分けられる。今までのプロセスは一切考慮せず、一線を引かれる。冷酷に。

僕はよく言うんだ。


資格試験も心構えが全てである。


試験の当日になって、風邪ひくのも前日や前々日のすごし方の結果だ。何可をするということは

その結果として現れる何か、手にする何かなんだ。与えられた時間は一定で

その時々をどうすごすか、それによって得られたもの、それをしなかったら得られたはずのもの、

どうすごすかは、その結果得られる何かを踏まえて判断する。それが心構えだ。


僕はそう受講生に伝えてきた。


そう思って伝えてきたのだが、もう一言僕が伝えてあげたい、そう思える話を聞いたから

ソフトブレーンの創業者、宋 文洲のメルマガから抜粋。

----------------------------------------------------

人生には「必ずそうなる」という保証は自分も他人もできません。しかし、ど
んなに大きな困難に直面しても、どんなに心細くなっても、人は遠くを見据え、
思い、願い、そして最後に祈ることができます。

弁証法と唯物論をしっかり教えられた自分には宗教上のお祈りはできませんが、
ベストを尽くしてもなかなか光が見えてこない時には祈るしかありません。祈
りは弱った心に安らぎと休息を与える方法であり、逃避ではありません。

尊敬している稲盛さんがよく「祈ったか」と頑張っているつもりの若者に聞く
そうです。祈るしか打つ手が残っていない時は全力を尽くした時です。この時
の祈りこそ意外と通じるものが多いと思います。ただし、それは後になって分
かることです。

----------------------------------------------------

『祈ったか?』

あまりに思い言葉だ。この言葉に相応の努力をした人のみ、その実感を手にできるのだろうか。




関連記事
スポンサーサイト
Home | Category : 中小企業診断士 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
  • 深い言葉ですねえ。
    祈る。
    無宗教の日本人が祈るのはただ事じゃないですよね。
    やるべきことはすべてやり、あとは祈る。
    祈るというのは本当に徹底的にやったときだと思いますよ。
    悲痛な顔をして「後は祈るだけです・・・」という人はそういませんよね。
    でもそういう人はすばらしいと思います。

  • やりきる!!ということをやった経験がある人は

    そうそういないですよね。

    そこまで大事だと思える何かがある人は、それ自体がとても幸せなことだと思います。

Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。