• プロフィール

    HIRO

    • Author:HIRO
    • 某電機メーカーで、情報システムの営業職を経て、現在はマーケティングに従事。顧客の経営改善に寄与するためにビジネススクールに通い、中小企業診断士を取得。息抜きのサーフィン、サッカー、ランニングが最近楽しい。

      ツイッターアカウントは@hiro761006です。
  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2008/08/21(Thu)

ジブリレイアウト展


木場にある東京都現代美術館はすぐ近くだ。そこでジブリレイアウト展が開催されている。

ジブリは好きだし、家から近くだし、チケットの前売り予約だけど平日で当日券もあるみたい

だし・・・、これは



行くっきゃない!!!



という事で早速チケットを購入。

200808211445000.jpg

案外シンプルなんだね。もしからしたら当日券だから???

内部の各レイアウト原画は当然、no photo!!だからここには載せられないんだけど

いやー細かいなぁと言うカンジかな。すごーく近くみると一本一本は普通の鉛筆の線なんだけど

遠くから見るときれいな絵になっている。って当たり前なんだけど、一本づつの線のかたまりが

絵になるんだ、とあらためて実感。魔女の宅急便はあまり作品がなかったけど、

(注釈としてあったが)現存しているものがあまり見当たらない、ということだったみたい。

魔女の宅急便は宮崎駿監督としては唯一??の他人の脚本からの作品で、もともと別の

監督が担当する立ったものを急遽担当したということが背景にある、と聞いたこともあるし

そのせいかなぁ、と思ってみた。

ただ、当然写真ゾーンは残されていて

200808211446000.jpg

200808211446001.jpg

200808211447000.jpg


壁全体にレイアウト作品を貼り付けていてすごい迫力です。


千と千尋については特に枚数がとんでもなく多かった。壮大な作品であるということが

その物量だけでもみてもわかった。


そして、予想通りジブリグッズ販売コーナーも(笑)前からほしかった暗闇で光るグッズのついた

ライトをつける引っ張りヒモ。

200808211802000.jpg


ラピュタです。巨人兵と飛行石をあしらっていて、飛行石が暗闇でも光ります。

夜起きて電気をつけるのにヒモを捜すのもこれで一安心。

そして夏休みの弛緩した気持ちのせいか、好きな紅の豚の関連本まで買ってみて。

紅の豚


あまり時間がなかったので慌てて見た感じだったんだけど、音声ガイドもレンタルしたかったな。

関連記事
スポンサーサイト
Home | Category : 映画 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
  • ラピスラズリ?

    先日行った四国の道後温泉は油屋に似てました。

  • 深いねぇ!

    ぼくはラピスラズリといわれて良く分からなかったです(笑)

    ちなみに油屋のモデルはないみたいだけど、道後温泉もモデルの一つみたいですよ♪

Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。