• プロフィール

    HIRO

    • Author:HIRO
    • 某電機メーカーで、情報システムの営業職を経て、現在はマーケティングに従事。顧客の経営改善に寄与するためにビジネススクールに通い、中小企業診断士を取得。息抜きのサーフィン、サッカー、ランニングが最近楽しい。

      ツイッターアカウントは@hiro761006です。
  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2009/02/09(Mon)

晴天、早春を駆ける。

Future Paradise  kero one




以前から企画されていた強み引き出しマラソン(⇒告知)についに参加。以前から皇居を走るって
ことをしてみたかったんだ。思いもかけずこんなに気持ちのいいものなのか!って実感した。
待ち合わせの銭湯で着替えて準備運動。皇居外周まで軽く走っていよいよスタートだ。

20090209_605346.jpg


思えばジムのランニングマシーンで5-10KMを毎土日走っているけど、屋外で走るのは何年ぶり
なんだろう。アナから出たらモグラが太陽をまぶしいと思うように全くついていけないんじゃないか、
とか、ほんとに心配だったんだ。

いつもジム用に使っている靴の紐を、いつもより一つ多くの穴まで通して、いつもよりきつく縛って。
その一つ一つの動作で呼吸と、興奮と、鼓動と。あわせていくんだ。いよいよ走るんだって
気持ちになる。テンションが高まる。ワクワクがとまらない!!

皇居についてから走りなれている仲間の二人に(仲間というのは本来憚られるくらいの先輩だけど)
くっついていくカンジ。


      あーこれか。


アスファルトを踏みしめる足音
耳元を抜けていく風の音

西日にまどろむ。
木々が輝く。

車の排気ガス交じりの、でも心地よいこの空気感。

規則正しいステップが体にしみる。
開放感。空を飛んでいるような。


最高だ。最高だ。


多くの人がマラソンに魅了されている意味が僕には漸く理解できた。閉じられた、景色の変わらない
機械的に歩を進めるマシントレーニングでは決して知ることの出来ない新しい世界だ。ジムでの
トレーニングが己の鍛錬や目標、向かう先は自分との対話だとしたら、マラソンは風や自然や日差し
時に通り過ぎる歩行者や観光客、僕を追い抜いていくランナー、僕が追い抜くランナー、視線が絡む
全てとの対話。そこには全身で感じるコミュニケーションがあった。

気付くとここ数年見せたことがないような、自分でも驚くくらいの満面の笑みをして走っている僕が
いたんだ。観光客の外国人と目が合って「頑張れ!!」って言われた。って聞き取れなかったから
きっとそういってたんじゃないのかな。テンションあがりっぱなしの僕は「旅行を楽しんで」って。
僕にもこんな笑顔が出せるんだなってびっくりした。


皇居2周を50分。まぁまぁのペースだね。マシンジムの上で走ると5分/KMは最近では
なかなか出せないペースだけどこの日は足が軽かった。これは病み付きになるね。


20090209_605351.jpg


関連記事
スポンサーサイト
Home | Category : スポーツ |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。