• プロフィール

    HIRO

    • Author:HIRO
    • 某電機メーカーで、情報システムの営業職を経て、現在はマーケティングに従事。顧客の経営改善に寄与するためにビジネススクールに通い、中小企業診断士を取得。息抜きのサーフィン、サッカー、ランニングが最近楽しい。

      ツイッターアカウントは@hiro761006です。
  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2010/02/12(Fri)

国母問題


ハーフパイプ日本代表国母選手が服装の乱れを理由に批判を受けている。

僕自身も同様に残念に思う。
それは彼が『だらしない』といわれる格好をしていたからではない。
スタンスが不明瞭だったことだ。

彼はプロスノーボーダーなんだ。だから、ファッションや発言、ライフスタイルなど
全てが自分自身の価値につながる。

だから、一般人から見て『だらしない』といわれようが
それがプロとしての自分の商品価値をあげるなら
それをきちんと説明してほしかった。

ハーフパイプやスノーボードのプロの世界に精通しているわけではないが
プロの世界といえども大会の賞金だけで食べていけるわけではないと思う。
おそらく、アパレルやスノボウェアなどの色々なスポンサードを受けて
生活を造っていると思う。

だからこそ、きっぱりと説明さえすればそれは僕は受け入れられた気がする。
全員からは難しいかもしれないが、一定の人からの支持はあったように気がする。


これは朝青龍問題にも通じる気がする。
勝てばいい、訳でもないし、いい加減なのも駄目。
協会にも一定の責任がある。
それは、指導が行き届かなかったことではなく
その選手を選ぶ時の姿勢やスタンスが不明確なことなんだ。

できもしない、指導不足、を言い訳にするよりは
セレクション責任を果たしてほしい。




関連記事
スポンサーサイト
Home | Category : 中小企業診断士 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。