• プロフィール

    HIRO

    • Author:HIRO
    • 某電機メーカーで、情報システムの営業職を経て、現在はマーケティングに従事。顧客の経営改善に寄与するためにビジネススクールに通い、中小企業診断士を取得。息抜きのサーフィン、サッカー、ランニングが最近楽しい。

      ツイッターアカウントは@hiro761006です。
  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2010/03/24(Wed)

学費未納

-----------------------------
この春、私立高生が学費未納を理由に卒業式に出られないなどのケースが少なくとも7県16校で起きたことが、読売新聞のまとめでわかった。

 公私立問わず、経済的な理由で卒業前に退学するケースや出席停止に追い込まれる例も出ており、文部科学省は、こうした事態が生じないよう配慮を求める文書を都道府県教委などに出した。

 読売新聞が都道府県などを通じて調べたところ、卒業式に出席させなかったり、卒業証書を渡さなかったりした私立高校の事例が、愛知(5校)、山形(4校)、新潟(2校)、富山(2校)、和歌山、鳥取、香川(各1校)の7県計16校で確認された。うち、山形では、私立高4校が計10人について、卒業式で証書をいったん渡した後に回収する「証書預かり」としたほか、和歌山では1校が1人を「卒業留保」とし卒業式に出席させなかった。学費完納後、1人だけの卒業式を開くという。こうしたケースでは学費を納めれば卒業を認めると見られ、山形県の別の私立高2校では、数人の生徒に出席停止を通告したが、その後、全員が学費を納付したため取り消した。各県は納入が遅れても卒業を認めるよう求めている。

 一方、公私立合わせ、経済的な理由で今年度中に退学や出席停止処分になった高校生は少なくとも62人いた。うち約4割が公立高の生徒で、群馬では11人、宮城では5人が退学になっていた。集計を終えていない自治体も多く、総数はさらに膨らむと見られる。

------------------------------------


この記事を見て僕は思う。

①配慮を求める、とはどういうことか?ただ乗り更なるただ乗りを助長する。断固取り締まるべき。
 なんなら子供が働けばいい。
②一方、僕はこういうことのレベルはない家に生まれた。環境に感謝ともいえる。難関大を
 出るには親が一定以上の収入を持っていないと難しいことは統計的にも言える。
③だからといって、高校無償化という民主党の政策に賛成は出来ない。


はて、この記事が出て喜ぶのは誰だろうね。
官房機密費の公開しかい、前政権の悪いところを開けっぴろげにするか、
自分達の政策の正当性を示すのか。

選挙を前にきな臭さや胡散臭さを感じるのは僕だけだろうか。
毎日毎日忙しいけど楽にはならない。しかし、楽しく働けるだけありがたいというとか。


関連記事
スポンサーサイト
Home | Category : 中小企業診断士 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。