• プロフィール

    HIRO

    • Author:HIRO
    • 某電機メーカーで、情報システムの営業職を経て、現在はマーケティングに従事。顧客の経営改善に寄与するためにビジネススクールに通い、中小企業診断士を取得。息抜きのサーフィン、サッカー、ランニングが最近楽しい。

      ツイッターアカウントは@hiro761006です。
  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2010/05/06(Thu)

The day when I met the sea again



ISLAND TREASURE  SAMPLER MIXED BY HEMO+MOOFIRE

夜が明けるまでにはまだ2時間近くかかる午前3時。
チチチという電子音のめざまし時計に起こされた僕は
カーテンをめくって外を眺めたんだ。
遠くに物流センタや看板の明かりが光る。

当然だ。

その時間におきて活動を始めることはいつ以来だろうか。
思い起こすことさえ出来ないくらい昔の記憶を探りながら
左ひざのことを思う。

去年の8月にサッカーの試合で左ひざ前十時靭帯と半月板を損傷してから
僕の生活はがらっと変わってしまった。
僕の日常にはいつもサーフィンがあって、海があって、波があった。
週末に向けて気象予報を聞きながら風向きや気圧配置を見て
週末はどこの海が一番いいだろうか、と考える日々だった。

週末に海に行ってサーフィンをするのは僕の日常だった。
そんな日々があの怪我で失われたんだ。
昨年中は水泳でリハビリを行い
年が明けて漸く少しづつ走れるようになってきたんだけど
そのひざへの不安は常に頭の片隅にある感じだった。

1月に無理やりサーフィンしにいったんだけど
ひざへの恐怖感からまともなライドは殆どなかったね。
あの時はそれでも海に入った事だけで十分だったんだけど。


そんなことを考えながら
バスタオルやぞうきん、お湯と随分懐かしい所作で
サーフィンに行く準備を進める。
短パンにTシャツを着て、車の後部座席にサーフグッズを積み込んで出発だ。

国道357号線はまだ夜明けの準備をしているようで随分と静かだった。
車はライトに照らされている道を走りそのまま東関道に入って先を急ぐ。
明け方の高速を走っていると、タイムマシンの中にいるような気になる。
そのライトのトンネルを抜けていくと、
その先は9ヶ月前の僕になっていたりしないだろうかと思う。

夜があけてすぐの5時に海に到着。
ひざへの負担を考えてロングボードをチョイスした僕は
ロングとショートが左右で別れている片貝漁港で入ることにしたんだ。

201005050509000.jpg


サイズはモモ腰くらい。
昔の僕なら入る気すら起きなかったかもしれないサイズだけど
今の僕にはこれくらいが安心だ。

9ヶ月前は考えることもせずに手際よく準備を進められたのに
今の僕は一歩一歩手順を思い出しながら
時間をかけて準備を行う。

浜についても昔と同じようにストレッチを行う。
ただ一つ変わったのは膝のストレッチを念入りに行うようになったことかな。
広背筋を伸ばすために腕を前に倒し、左右に体を揺らして丁寧に伸ばしていく。
その次にモモ前の筋肉を伸ばして腰への負担を軽くする。
最後にアキレス腱を伸ばして海に。

朝日を浴びながらアウトを目指してパドルをするこの感覚は
もう忘れかけていた記憶の断片だ。
波しぶきを浴びて髪をかきあげる。
一つ一つが全て懐かしい。

久し振りの海は変わらずに最高で言葉にならない。
あまりがつがつせずに、波を慎重に選びながら
1本1本を丁寧に乗ったんだけど。
アウトから波を乗りついでインサイドまで。
最後に全身を海に沈めて海を体中で感じられたんだ。

周りを見るとブーツをはいている人もいれば3ミリジャージもいた。
結論は、3ミリが今日の正解じゃないかな。
でも、今日のおれとしたらなんでもいいね。
何でもいい。

パドル筋も衰え、持久力がないから一度インサイドまで乗り継ぐと
ゲットするのがホント大変。。
技術的にはアップスでスピード上手く乗らない感じはあるものの
思っていたほどは衰えていなかった。

ただ、やっぱり膝がね。
板を押さえるために左足を延ばして重心を落とした時に
波の力で板が押し上げられ、膝が外れそうになる。
もう無理は出来ない体だなぁ。

たっぷり3時間海を堪能。
海から上がっての片付けすら楽しい。
波乗りグッズがコンパクトに収納できるこの車が僕は大好きだ。

201005050910000.jpg

お湯で体と板を流してさっぱりしたら
海風を感じながらHAWAIIAN REGGAEを聞きながら帰路へ。
この段階でまだ9時だ。
朝早くからサーフィンをすると一日が長くていい。
サーフィン上がりの空腹はいつものことで
サーフィン上がりのジャンカレーもいつものこと。
9ヶ月前と同じルーティンを出来ることが幸せだね。

正午過ぎには30度を越え今年初めての真夏日を記録した5月5日。
例年になくウキウキのサーフィンだったけど、
一人サーフィンはやっぱり少し寂しい。
次は仲間と行かないと。
家に到着してサングラスをはずした時、素直にそう思った。

201005050910001.jpg






そうこうしたらchieからメールが。
『9日は出張で難しいけど6月27日は行きたいな』

それまでに誰かとホームパーティでもしたいところだ。




関連記事
スポンサーサイト
Home | Category : スポーツ |  コメントアイコン Comment3  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
  • なるほど。

    おいらが行ってあげてもいいですよ。
    ホームパーチー。

  • Re: なるほど。

    あざーす。
    でも、僕の家ではなくて誰かの家でやるパーティーに
    参加したいなぁって話です。
    たかりとも言いますけど(笑)

    > おいらが行ってあげてもいいですよ。
    > ホームパーチー。

  • No Title

    ぜひ
    おまちしております!!!

Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。