• プロフィール

    HIRO

    • Author:HIRO
    • 某電機メーカーで、情報システムの営業職を経て、現在はマーケティングに従事。顧客の経営改善に寄与するためにビジネススクールに通い、中小企業診断士を取得。息抜きのサーフィン、サッカー、ランニングが最近楽しい。

      ツイッターアカウントは@hiro761006です。
  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2010/05/16(Sun)

youtubeとwinny


ハーバード白熱教室が面白くてしょうがない。(今回は特に難しかったけど。)
その講義の中で今回はカントを取り上げていた。
カントによると、その道徳性の最高原理とは
行為の動機による、という示唆があった。

とした時にね、youtubeとwinnyを比較すると
どちらが正しいんだろうね。
winnyというソフトウェア自体は何も著作権に違反していないと僕は思う。
反面、youtubeは確実に著作権に違反しているよね。
だって、youtbe上にはたくさんの著作権違反コンテンツで溢れているんだから。

ただし、winnyを作った行為が著作権を含んだ
コンテンツの違法流通にあるとすると、それは話が違ってくる。
(確かに一部そういう報道もあったような)
ただ、winnyは悪で、youtubeはヒーローみたいな実態は
ちょっと腑に落ちない点でもある。
何を正とするかを見誤っていると国としてのソフトウェア産業の
発展に大きく水をさしそうな気がする。

ファイル交換という仕組みはメールやIPメッセンジャーや
ファイルのアップローダーなど比較しても
大規模コンテンツの流通にはいい仕組みだったと思う。
それを効率的に取り回すソフトウェア自体に罪があるのか。









関連記事
スポンサーサイト
Home | Category : 中小企業診断士 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。