• プロフィール

    HIRO

    • Author:HIRO
    • 某電機メーカーで、情報システムの営業職を経て、現在はマーケティングに従事。顧客の経営改善に寄与するためにビジネススクールに通い、中小企業診断士を取得。息抜きのサーフィン、サッカー、ランニングが最近楽しい。

      ツイッターアカウントは@hiro761006です。
  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2010/08/01(Sun)

When the dense fog is Clearing

At3:30,before dawn breaks.
In the car driving to the sea from my home.
Nostalgic feelings because recently I didn't go to the sea alone.

I go to sea also today imagining the wave.
How about the wave is today,
gentle wave?
hard,big?
how abaout the wind,
I think a lot before arriving the sea.

Surfing has the special amusingness like as hunting the treasure for me.
I wonder where I can find the special wave next saturday after finishing surfing on the sunday.
I'll act with many idea , pressure pattern,wind ,weather.

And now,there is dense fog on the beach after arriving the beach.
But I experienced the surfing on the dense fog two weeks ago.
So I went to the sea to surf on more dense fog than two weeks ago I surfed.
I can't see the circumference of only Several meters.
I felt the very cold because of the seawater that it was cold so as not to be able to think
with the end of July.

201007310510000.jpg

At such time , the morning sun which didn't show the whole style because of the cloud and fog appered the face with warm light clearing the fog.

after about 30seconds , the fog which was in the circumference until now was dispelled like a lie ,
and it was a pleasant morning.
I rided the surfboard, and I paddled toward offing looking up the morning sun from surface of the sea 5cm,and so the wave gave me the power which I can paddle more and more times,
After surfing seriously for three hours and taking a shower in my house at Kashima I carried out to work.I went to Kamiyachou Office by the car directly and just made arrrangements.
Then , after I went back to the home and took breath of a sigh of relief,it was the next morning when Inoticed.In this way , everyday passed.

まだ夜が明ける前の3:30。
家から海に向かう車の中。
最近一人で海に向かうことがなかったので久し振りに感じるこの感覚。

海についてからの波に心をめぐらせ
僕は今日も海に向かうんだ。
今日の波はどうかな、
メローだろうか、
ハードだろうか
風はどうかな
など、たくさんのことを思うんだ。

サーフィンは僕にとって宝探しの面白さに似ている。
日曜日にそのサーフィンを終えた瞬間から来週の週末
どこに行ったら最高の波にであるだろうか、と思うんだ。
気圧配置は、風向きは、天気は?とたくさんのことを考えて予想するんだ。


さて、その日海につくともの凄い霧が立ち込めていたんだ。
しかし、最近濃霧の中のサーフィンは体験済み。
怯むことなく、海に入るも前回よりもさらに濃い霧。
周辺数メートルしか見えない。
7月末とも思えないくらいに冷え込んだ海水、
その為もの凄く寒さを感じた朝だった。

201007310510000.jpg


そんな時霧と雲で今まで顔を見せなかった朝日が
その暖かな光とともに霧を晴らして、姿を現したんだ。

ものの30秒の間に気付くと
周囲に今まであった霧が嘘のようにはれて気持ちのいい朝だった。
ボードにのり、海面5センチから朝日を見上げるように沖に向かってパドルをすると
波間から朝日がその波をキラキラ光らせて、僕にもう一回、もう一回パドルする元気をくれる。

みっちり3時間海に入って鹿嶋の家でシャワーを浴びて仕事に。
神谷町に車で直行し、そのまま打合せに。
家に帰ってフッと一息ついたあと気付くと翌朝だった。
こうして日々がすぎていく。




関連記事
スポンサーサイト
Home | Category : スポーツ |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。