• プロフィール

    HIRO

    • Author:HIRO
    • 某電機メーカーで、情報システムの営業職を経て、現在はマーケティングに従事。顧客の経営改善に寄与するためにビジネススクールに通い、中小企業診断士を取得。息抜きのサーフィン、サッカー、ランニングが最近楽しい。

      ツイッターアカウントは@hiro761006です。
  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2010/08/11(Wed)

Blue summer innocence



太陽とビキニ - RIP SLYME

I believed strongly typhoon No.4 brought us the special wave.
But, the wave brought by the typhoon was the bad wave blowed by the wind or the small wave which was kepot off the wind.
I was very disappointed and broke the abstention from alchol during the vacation and drank the wine.

201008101737000.jpg

but I go to surfing Without learning lesson.
No matter how much even if a feeling is sunk
No matter hou much I get the damage, and my muscle declines
the eyes have the hope.
I take the ride with my spirits.

I gave up the early morning surf and chose the sunset surfing because of the heavy drinking two days.
I intend to enjoy the the wave which size up by blowed wind though the quality of the wave become bad.


201008101736000.jpg

Even if there is the mail I want and don't make up the ground,
Even if I think the futrue I want to stare was desperately
Evn if I think I'm not young any more finding my drop-off
Exceed the white cloud,exceed the unfogettable sunset,exceed myself who is in this endless summer
Leave my footprint to white sand like as the stamprally
Ride on the train with the exciting feeling and the glance on board
Give the speed of the heart.
I become the wind and run through this instant which is shining strongly.

So, we are the children of summer now.
Santand skin,
The cool wind which I don't pass to anyone
Jet stream which continue everywhere
The surf board which dyed the deep red reciving the sunset
We are the children of summere.

Remove the beach shoe
Remove the responsibility
Remove the position which I am
I go to cach you ,big wave.

201008111040000.jpg

Get in my rickety car.
Run the car packed.
Enjoy the endless trafic jam of the highway
You put popcorn into my mouse.

Blue sea
White sand
The turnout of the seaside cottage.
The summer when everyone is.

台風4号が僕らサーファーに最高の波を届けてくれると固く信じていたんだ。
それなのに、僕らには吹き込みのオンショアがもたらす波質の悪化した波か
風をかわすが故のsmall wave。
僕は大きく落胆し、本当は禁酒を決め込んでいたこの休みに
早くもその禁を破って酒を飲む始末。


201008101737000.jpg

それでも懲りずに僕は海に行くんだ。
どんなに気持ちは沈んでも、
体がダメージを受けてパドル力が衰えようとも
その目は死んでいない!!
魂で波に乗るんだ!!

この2日間、深酒のおかげで、
僕は朝をあきらめてsunset surfingを選択したんだ。
波質が落ちてはいるが、
オンショアによるサイズアップで少しでもサーフィンを楽しもうと。

201008101736000.jpg


僕がどんなに追いかけても届かないメールがあっても
僕が見つめたい未来が絶望的に思えたとしても
自分の衰えを目の当たりにして、もう若くはないと感じたとしても
白い雲を越えて、忘れられない夕日を越えて、永遠に続くこの夏の僕を越えて
スタンプラリーをするように白い砂浜に僕の足跡を残して
ときめきやきらめきを乗せた汽車に乗って
心のスピードを上げて
僕はこのどうしようもなく輝いている一瞬を風になって駆け抜ける。


そうさ、僕らは今、夏の子供なんだ。
日に焼けた肌、
誰にも渡したくないような涼しい風
どこまでも続く飛行機雲
夕日あびて真っ赤に染まったサーフボード
僕は夏の子供なんだ。

ビーサンを脱いで
責任を脱いで
置かれている立場を剥ぎ取ったら
僕は君をつかまえに行くよ、BIG WAVE!!

201008111040000.jpg

僕らのポンコツ車に乗り込んで
ぎゅうぎゅう詰めになった車を走らせて
終わりがない高速の渋滞を楽しんで
ポップコーンを僕の口に入れてくれたね

青い海、
白い砂浜、
海の家の賑わい。
みんないたんだ、あの夏。







関連記事
スポンサーサイト
Home | Category : スポーツ |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。