• プロフィール

    HIRO

    • Author:HIRO
    • 某電機メーカーで、情報システムの営業職を経て、現在はマーケティングに従事。顧客の経営改善に寄与するためにビジネススクールに通い、中小企業診断士を取得。息抜きのサーフィン、サッカー、ランニングが最近楽しい。

      ツイッターアカウントは@hiro761006です。
  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2005/06/10(Fri)

祝!W杯出場決定!

記事としては氾濫しきった記事だが、とても嬉しかったサッカー日本代表の対北朝鮮について書きたい。ワールドカップ出場が決定したことはとても嬉しく、言葉にならない。

当日はBilly Barew's BeerBarにてMくんと共に観戦した。何件も断られた後に辿り着いた店だったが気分よく観戦できた。お店のサイトを帰ってきて調べてみてやはり!と思ったが、結構常連さんが多い店みたいだ。

ハイネケンとか一足早くドイツな気分♪

試合内容だが、結果だけが重要な試合で結果を出せたので十分だ。しかし、それを言ってしまうと話がなくなってしまうので個人的に評価を考えたい。

まずは、結果が重要で結果が出たので良いといったが、この試合の内容自体は大変不満足だ。ただし、完勝である事には全く異論が無い。出足の速さでボールを奪取し敵陣深くで潰れながらポストになった大黒のこぼれだまを滑り込みながらシュートしゴール。積極的なプレスから奪ったら早く展開し、シュートで終わるという基本原則をきちんと実行し、結果きちんと先制点。そして、相手が前に出ざるを得ないタイミングで裏に抜けるパスを供給し続け、大黒が抜け出してゴール。展開としては理想的で、去年のアジアカップの対中国の決勝戦を見ているような気がした。

しかし、試合に入る前提として、(本来はもっと前に出てくるべき)北朝鮮がスローペースであったことに合わせてしまうかのような前半など課題はあると思う。もっともっと横綱相撲でこなせる相手ではなかったか。条件を突き詰めると、この試合で絶対に負けられないのは、日本より北朝鮮であったのだから。

ダイレクトを多用し遅攻での崩しがもっと実施できる必要がある。ポゼッションをベースに相手に脅威を与えてゴールに結びつける試合運びを出来る相手だ。楔に対して落としたボールに反応する3人目の動きが重要だ。徐々に改善されているところが感じられたのはもちろんプラスだが。

もう一つ、中田浩二や加地に依存する話ではなく、サイド攻撃についても課題だと挙げたい。前半開始直後にサイドを突破した加地のプレーはgoodだった。サイドでボールを受けて縦に勝負したプレーはすばらしい。問題点を正確にいうとサイドを使う意識はあったが、サイドで受けた後の展開の遅さとパターンの少なさというところだろう。右サイドで楔に入ったボールをはたいて、ダイレクトで加持がもらう動きは何回か見られ、そうなればまずはOKだ。問題は加地の足元に入ったボールをどう展開するかだ。見られた主なパターンは加地が一人で縦に突破、加地を追い越す第三者へパス、追い越した選手をおとりに中へ切り込む。足元に入る形でもらうことになる時点で手詰まり感はあるが、もう少しダイレクトで崩すとか中へのパスでのワンツーとか、工夫が欲しいところ。ディフェンス面で貢献した中田浩二だがオフェンスにおいてはクロスの精度を著しく欠いていて、減点だ。結果的に鈴木も交代し、鹿島カルテットの連動性は機能しなかった。僕はこのチームはもっと出来ると思う。もっともっと高いところへ。

ただ、ゲームとしての面白みではなく、バーでみんなで盛り上がるというのは楽しいね!のどがかれたし、手もたたきすぎて痛い!みんなサッカー好きなんだと実感したね!ドーハの悲劇をリアルで見た身としては、こんなにあっさり決まっていいの?とちょっと思ったりもする。(もちろんぎりぎりの試合もあって、生みの苦しみはあったが)共通の話題で盛り上がりたい!というみんなの願いやサッカーが好きとか、いろんな思いはあったと思う。プチナショナリズム的な側面はやや怖いかんじもするが楽しかったのでOK!

2002KOREA/JAPANからはや3年。この月日の短さに正直驚く。まだまだ記憶に残る試合を。楽しみは尽きない。

関連記事
スポンサーサイト
Home | Category : サッカー |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。