• プロフィール

    HIRO

    • Author:HIRO
    • 某電機メーカーで、情報システムの営業職を経て、現在はマーケティングに従事。顧客の経営改善に寄与するためにビジネススクールに通い、中小企業診断士を取得。息抜きのサーフィン、サッカー、ランニングが最近楽しい。

      ツイッターアカウントは@hiro761006です。
  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2005/06/20(Mon)

すぐ出来る循環型社会の実践!!

僕の勤務しているビルですばらしい取り組みを行っている。なんとカサが使いたい放題なのだ!

20050618190405.jpg



雨の日になると、この看板が出てきて、傘たてにある傘を”勝手に”使える。しかも無料!これはお得だ。

僕は昔から、100円傘ほど無駄なものはないと常々思ってきた。使い捨てなんて、世の中のトレンドに反しているよね。だけど、100円以下の低コストで傘を”提供する”仕組みは思いつかないでいた。しかも、売るということでは意味が無い。なぜ、100円以下にならないかというとレンタルのような仕組みでは管理費用がかかってしまうため、商売にはならないからである。ここが、発想の転換で、商売にせず、管理しなければ良いという事だと思い知らされた。

借りるときも返すときも何も書く必要が無く、勝手に持って行って勝手に返すだけの仕掛けである。誰かが忘れていったりした仕入れコスト0円の傘を流用しているようだ。お昼時に急に雨が降ってきてフロアに戻るのがおっくうだったりするときなどは便利だと思う。当然中には(思いたくはないが)持って行ってしまう人などもいるだろうが、それはそれでいいのだろう。利用者のモラルが問われている。しかし、本当の循環型社会や環境対応社会システムには利用者のモラルそのものが問われているのだと思う。

この新たに始まった取り組みにどれだけのsustainabilityが備わるか。この小さな取り組みの成否は僕らの進む道を示すね。環境保全を主体的に取り組める社会システムを考えよう!キーワードは管理レスとモラルか。
関連記事
スポンサーサイト
Home | Category : 環境問題 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback1

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 循環型社会について

    循環型社会循環型社会形成推進基本法第2条によれば、「循環型社会とは、製品等が廃棄物となることが抑制され、並びに製品等が循環資源となった場合においてはこれについて適正に循環的な利用が行われることが促進され、及び循環的な利用が行われない循環資源については適正 ...

コメント ▼


    
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。