• プロフィール

    HIRO

    • Author:HIRO
    • 某電機メーカーで、情報システムの営業職を経て、現在はマーケティングに従事。顧客の経営改善に寄与するためにビジネススクールに通い、中小企業診断士を取得。息抜きのサーフィン、サッカー、ランニングが最近楽しい。

      ツイッターアカウントは@hiro761006です。
  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2011/01/03(Mon)

『模倣犯』


世の中にはやってイイことと悪いことがある。
例えば、優れた小説をもの凄くひどい映画作品として世に発表すること。

その言葉がもの凄く当てはまるのが
この「模倣犯」という作品だ。

宮部みゆきという作家の作品は僕は好きだ。
好きな人の作品が汚されるのは、ちょっと言葉にできないくらい腹立たしい。
以前にも『その日のまえに。』という映画について批判したが
この模倣犯も同じくらい頭にきた。

同じ監督かと思うくらい、酷さが際立っていたけど、
模倣犯は森田芳光、その日のまえには大林宣彦。

日本映画のベテラン監督の部類だと思うんだけど
これは酷いよね。


作者の宮部みゆきが試写会で最後まで見る前に席を立ったという話も
あるくらいだけど、僕もこれは酷いと思う。


優れた映画が見れる日を望む。



関連記事
スポンサーサイト
Home | Category : 映画 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。