• プロフィール

    HIRO

    • Author:HIRO
    • 某電機メーカーで、情報システムの営業職を経て、現在はマーケティングに従事。顧客の経営改善に寄与するためにビジネススクールに通い、中小企業診断士を取得。息抜きのサーフィン、サッカー、ランニングが最近楽しい。

      ツイッターアカウントは@hiro761006です。
  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2005/06/19(Sun)

一歩一歩。

Googleが進化している。既にリリース済みのGoogle Desktop Searchがとても便利であることは既知のことだ。もし、まだチャレンジしていないよー!という人がいたら、ぜひアプリを活用してみて欲しい。これは便利だ。将来的にはRDBが不要になるという話もあながち言い過ぎではないのかもしれない。

そのGoogleが今度は携帯サイトのみの検索エンジンのβ版をリリースした。以前から携帯サイト上でGoogleは活用できて、今度は携帯端末側にフルブラウザが搭載されるから便利になるなと思っていたら、ギリギリ先にGoogleが専門検索機能をリリースしたという具合だ。

詳しく説明すると、携帯サイトで稼動するサイトのみを自動収集しており検索できるという仕組みとしては変わっていない。ただ、携帯稼動するサイトのみを検索するのは結構難儀な作業だった。

ユビキタスという言葉が理念先行で浸透したが(from:坂村教授)、いよいよ実装されたということだ。これでカーナビと携帯のインターフェースが標準化され、情報のやり取りが簡易になるとモータリゼーションへの展開は簡易になるし、技術的には今すぐにも出来ることだ。

この仕組みの向こうにはどんな変化があるのだろうか。小売店のPRは方法論が変わるだろうし、提供者側の差別化論理が瞬間的に崩されることになる。低付加価値社会への移行か?という気もするし、プラス面だけではないな。

製造業には、人が想像できる物で製造できない物は無いという格言がある。マイノリティリポートなど多くのSF映画が描いてきた未来は、もうすぐそこにある。技術的には今すぐにも可能だ。しかし、それは望んでいたところなのか。望むか否かによらず、未来はすぐそこに。

そこんとこ、どうなの、トム?

なんてね。
関連記事
スポンサーサイト
Home | Category : 中小企業診断士 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。