• プロフィール

    HIRO

    • Author:HIRO
    • 某電機メーカーで、情報システムの営業職を経て、現在はマーケティングに従事。顧客の経営改善に寄与するためにビジネススクールに通い、中小企業診断士を取得。息抜きのサーフィン、サッカー、ランニングが最近楽しい。

      ツイッターアカウントは@hiro761006です。
  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2011/01/10(Mon)

アジアカップヨルダン戦と高校サッカー決勝戦


アジアカップヨルダン戦。
岡田政権から考えると久し振りに感じる代表戦への高揚感。
これは、ジーコJAPANの時の最初の試合を見るときの気持ちにいている。
あの時は、ブラジル代表で黄金のカルテットを組んだジーコだからこそ
小野、中田、中村、稲本を併用して攻撃的で美しい攻撃の出来るチームを
構築できると期待し、とても未来に明るい希望を持った。

今回は、初戦ではないものの、ホームでかなりのメンバを含んだ
アルゼンチンに勝利し、アウェーの韓国戦で積極的な試合があった後の初の公式戦。
そうした前フリがあった以上、このチームに期待するなというのがムリな話だ。

しかも。。

今回の代表に呼ばれている香川がブンデスリーガで前半戦MVPに選ばれているし
本田はいつもいつもビッククラブからリストアップされていると記事が出る。
内田と長友もサイドを各国リーグで引き裂いている。
もう!凄いって思うんだ。

それに前から見たかった前田。
オールラウンドでこの選手は僕は好きだ。
今回も香川の惜しいチャンスを導いたスルーなんて前田の真骨頂。
さらに、あそこを香川がリターンパスではなく
自分で切り込んだアタリに代表の新しい風を感じる。


しかし、前半戦、得点を許した後
相手に引かれたあとどう得点するか、という期せずして日本代表の
課題の解消振りを試される展開になった。
前線のダイナミズムを発揮したり、ミドルを打って相手を引き出したり
左右へのサイドチェンジを多用して相手を揺さぶる
これらは引かれた相手への処方箋としては定番中の定番。
でも、それだけじゃアジアは取れないよね。

エリア内でもう1本つなごうとするそのスタイルは
何か勘違いしているのはないかと思う節もある。
きれいなサッカーだけが勝負への重要な点ではないという事だ。


翻って、高校サッカー決勝戦。
久御山と滝川第二。
決勝に進んだチームとしては、準決勝がPK戦だったためだけど
立正大淞南VS流通経大柏のほうが決勝戦としては
楽しみなカードだったと僕は思う。
そう思いながら見た決勝戦。

前半2-0ビハインドだった久御山。
実況によると、監督の指示は残り10分までに1点返すように
後半の入りは守備的にという事だった。
それなのに、気持ちのこもった試合。
玉際にアタックし、前後に果敢な運動量を見せてくれた。

試合終了5分前に4-1ビハインドの状態から2点を返した
その姿に瞬間、第70回全国高校サッカー選手権準決勝、市立船橋VS帝京高校を思い出した。
2-0ビハインドで市船リードの状況で残り5分のところで
一気に3点とって逆点し、決勝に進んだ帝京。
そんなミラクルがもしかして再び起こるのではないか。
そう思ったんだ。
結果、アディショナルタイムで滝川第二がもう一点とり
試合は実質的に決着。
試合後、一通り泣きはらした後の久御山の笑顔が印象的だった。
good loserだった。

こういう気持ちの入った試合を代表にも期待したい。


■weaver 管制塔
今大会のテーマソングが無かったのでこっちをアップ。
というか、こっちのほうがカッコいい曲。今流行のピアノロックが前面に出ていいカンジ。





関連記事
スポンサーサイト
Home | Category : サッカー |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。