• プロフィール

    HIRO

    • Author:HIRO
    • 某電機メーカーで、情報システムの営業職を経て、現在はマーケティングに従事。顧客の経営改善に寄与するためにビジネススクールに通い、中小企業診断士を取得。息抜きのサーフィン、サッカー、ランニングが最近楽しい。

      ツイッターアカウントは@hiro761006です。
  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2011/01/30(Sun)

アジアカップ カタール大会 総括




アジアカップカタール大会はオーストラリアとの激闘の末
李のエクセレントボレーシュートで幕を閉じた。
ワールドカップの熱狂を体が覚えている。
そういう人たちがまだこんなにいたんだという事を思い知らされる。
渋谷の交差点の熱狂が再び繰り返される。
そのアジアカップを少し振り返ってみたい。


選手起用

今回は選手起用がずばずばあたったことが神がかっていると高い評価を受けている。
もちろん、その起用の素晴らしさもそれに応えた選手も当然賞賛されるべきだが
僕が評価したいのはその選手交代の意図や思い切りだ。

結果的に怪我が原因だったのだが、韓国戦の香川の交代。
今までの代表監督がレギュラーで代替の聞かない選手をすぱっと
交代したシーンをあの時まで見たことが無かった。
あの交代の時点では怪我が発覚していなかったので(ある程度痛い!という事は伝わっていたとしても)
動きのよし悪し出評価して交代を決めている。

サウジアラビア戦で本田を先発させなかった選手起用もファインプレーだ。
また、同試合で伊野波と岩政を次戦に備えて起用しているアタリも
素晴らしい交代だったと思う。
今まで、先の試合を見据えて試合中にテストを行うようなシーンはあまり記憶に無い。

オーストラリア戦では相手のキューエルとケーヒルにパワープレーで当てに来てると見切ると
どうも試合に入りきれなかった藤本を交代させ岩政を入れ、長友を上げた。
相手の右サイドが弱いことは試合を通して見えてきて
その急所をついたあたりは攻と守の両方の課題を一回の選手交代で解消してみせた。
妙手といえる選手交代だと思う。

伊野波や李の得点自体は結果論だし、そういう事を褒めることよりも
(もちろん日々選手をこまかく観察しモチベートした成果であることも素晴らしいが)
きちんと戦術的な交代がなされてきたことを僕は賞賛したい。


選手評

何人か講評したい選手をあげたい。

今回の代表を見てつくづく思ったのは今の代表選手はレパートリーに飛んでいて
先が本当に楽しみだって事だと思う。
個人的には本田よりも長谷部or遠藤にMVPをあげたいと思うけど
本当に誰がMVPにふさわしいか、という事を議論するに値するくらい
粒そろいのメンバがそろっていると思う。

また、長友は今回本当に素晴らしかった。
殆どの試合で長友サイドを制圧しており
その成長ぶりに本当に驚いた。
象徴的だったのがオーストラリア戦で李の決勝点を導いたクロスの精度。
そして、その前の岡崎の惜しいヘディングシュートを導いたクロス。
そのクロスをあげる前に一度立ち止まってから後ろに数歩動いた後の
縦への突破のシーン。
全く相手を問題にしないくらい軽く抜き去った姿だ。

内田は実はもう少し出来ると思っている。
確かに本職ではない伊野波と比べると格段の安心感、クロスの精度。
ただし、以前の内田に比べると落ち着いた面、飛び跳ねる感じが無かった。
もっと出来ると思う。

岩政と吉田は不安定なディフェンスラインを露呈してしまった。
このセンターバックの2枚は今後も日本のアキレス腱になると思う。
岩政はもっと出来ると思っていたが、足元とくに1対1の地上戦に
あまりに軽いプレーが複数回見られ、僕の中で評価を落としている。
吉田も身長より足元のテクニックがある事が実は評価される選手だと思っていたが
やはり1対1に不安定さを見せた。

長谷部はこのチームの中で縦へ一番強烈な縦パスを出していて
今までにない縦パスへの意識を見せてくれた。
横パスばかりのチームだったのだが、香川、本田というトラップが
上手い受け手をそろえたおかげでそうした攻撃が出来るようになった。
小野、中村俊に無かったものだと思う。

本田拓は残念ながら、今回に限っては期待はずれだった。
試合の流れや役目、その時々に行うべきプレーをわかっていなかったと言わざるを得ない。
韓国戦の2失点目を導いたレイトタックルもそうだが
その前に左サイドの韓国側コーナーフラッグ付近でボールキープをしていた時に
ボール奪われ跳ね返された時フリーの本田拓のところに飛んできたボールを
キープせずあっさりけり返したシーンなどはきちんと反省してほしい。


今後期待される選手選考

FW陣・・・前田は今僕が期待している選手なのだが29歳。
ブラジルW杯は残念ながらピークを越えていると思う。
その一番手は森本だが、今回の李も結果を出したことから期待は継続される。
(李は、僕があまり好きなタイプではないが)
宮市、宇佐美、永井といったモンスタールーキーの招集も待たれる。
それ以外にも平山や渡邉千真、平井、大迫といったJでの結果を出した事のある
選手の復調、成長も見込まれる。

MF陣・・・遠藤の後釜の発見が現在の最大の課題だ。
既に遠藤がかなりアンタッチャブルな存在になっているのがかなり気になる。
ああいうプレーができる選手が今のJを見てもあまり思いつかない。
例えば、米本は僕が今後期待できる選手だと思うが遠藤とは明らかにタイプが違う。
どちらかというと、スペイン代表のセナみたいな選手がいるといいんだけどなぁ。
米本はもっと守備のスペシャリストとして延びていくのではないかと思う。
今のところ、遠藤の後釜第一候補は細貝だと思うけど。

それ以外にも家永、鹿島の遠藤、セレッソの乾と清武も
今後の期待感がある。


DF陣はセンタバーっ国悩みが尽きない。
山村和也あたりも興味深い人材だと思う。
槙野はセンターバックとしては、W杯クラスでどれだけ出来るか、
今後の欧州での活躍次第だろう。
伊野波はCBとして試す機会があってもいいだろう。
サイドバックも心配だ。
今のレギュラー二人はかなり不動の地位となっている。
この二人を脅かす人材が必要だ。
目下注目は相馬アタリだろうか。
その他田中隼、安田、宇賀神にも期待が持てる。

GKは今の選考は妥当だし、この3名がまずは
成果を出してくれるといいと思う。
願わくば、西川にもう一伸び!というところだろうか。




次は南米選手権。
楽しみは続く。





関連記事
スポンサーサイト
Home | Category : サッカー |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
  • No Title

    昨日って、オーストラリアの決定力が普通に(欧州や中南米の強豪国なみに)あればあっさり90分で負けてたと思うんだが、どうなの?
    1対1にさせられるのはやっぱディフェンダー陣、またはディフェンス全体に課題があるということでしょうか。
    ともかくも優勝したのはめちゃくちゃうれしいわけですが。

  • No Title

    それは確かにそうなんだけど、決定力不足ってどこの国においても永遠の課題で要はどこまで精度を高められるかって事だと思うんだよね。1対1にさせれたのって色々な原因があるけど昨日の試合に限ると岩政個人の判断が問題だったね。

Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。