• プロフィール

    HIRO

    • Author:HIRO
    • 某電機メーカーで、情報システムの営業職を経て、現在はマーケティングに従事。顧客の経営改善に寄与するためにビジネススクールに通い、中小企業診断士を取得。息抜きのサーフィン、サッカー、ランニングが最近楽しい。

      ツイッターアカウントは@hiro761006です。
  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2011/08/12(Fri)

サッカー日韓戦


今回の日韓戦は、個人的には事前の期待値も高くなく別の予定を入れて
録画したものを見るような状態だった(もちろん結果は知らずに)

TVのアナウンサーが第4の審判を家元さんとコメントしてこの日一番の嫌な予感を覚えた。
それ位、この日はプレーの面ではいい感じだったね。

さて、全体に選手間のポジショニングが過去の日本代表と比べてすこぶる改善されているのが特長だが、
それ以上に厳しいプレッシャーを受けてもライン際、エリア中央どこでも
正確なパスがつながっているのが印象的だった。

一点目の香川の得点は確かに李忠成のダイレクトの落しは意表をついていて
確かに気が利いていたが、この得点はやはり香川の個人技だと言えるだろう。
ワントラップ後の相手DFの横にボールを動かした時に一歩で打ち抜くシュートの早さに
僕はびっくりした。

2点目の本田の得点も凄かった。清武の丁寧な落しはもちろん優れているが
解説で中山も言っていたが、バックステップを踏んでその右足を軸足にして
ダイレクトでゴール左隅に流し込んだのは日本人離れしたシュートだったと思う。

3点目の香川の得点はきれいなサイド攻撃だったね。
これは攻撃陣の献身的な動きの結果だった。

これ以外にもDFの裏に抜け出した内田のシュート。
結果ポストを叩いたが惜しいプレイだった。
李忠成のヘディングシュートもそうだったし
他にもチャンスらしいチャンスはいくつもあった。

ただ、忘れちゃいけないのは韓国にも超決定的なシーンが後半20分以降で
少なくとも2本はあった問事だ。
結果川島のセーブで失点は避けられたものの得点を取られてもおかしくないシーンだった。
このゲームでは攻撃陣の安定した得点機会の創出能力に歓喜したものの
DF陣の不安定さに同じくらい不安を覚えた。

もう一つ。
ボランチのバックアップ、特に遠藤のバックアップが見つからない。
この試合ではいつもも程遠藤が目立たなくて済むことになったが
ここは日本の生命線でありつつ、アキレス腱にもなるポジションだと思う。

次の北朝鮮戦も今日のような快勝を期待したい。
関連記事
スポンサーサイト
Home | Category : サッカー |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。