• プロフィール

    HIRO

    • Author:HIRO
    • 某電機メーカーで、情報システムの営業職を経て、現在はマーケティングに従事。顧客の経営改善に寄与するためにビジネススクールに通い、中小企業診断士を取得。息抜きのサーフィン、サッカー、ランニングが最近楽しい。

      ツイッターアカウントは@hiro761006です。
  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2005/07/04(Mon)

組織とは

先日久しぶりにTさんとお酒をご一緒させていただいた。Tさんは世の中の現象や物事の本質を鋭く見抜くことで僕は尊敬している。

その席で、3人集まると政治になるという会話があった。なるほど、確かにそのとおりで、組織の生産性を高めるために意図せず分業制を敷き知らぬ知らぬ間に役割分担がなされる。

以前、K江先生がMBAの講義の最中には、”『出来るやつ』のところには、例えば、ミーハーっぽいやつが擦寄っていったり、同じく『出来るやつ』は逆に自分がリーダーシップを発揮したいから反目する”と言っていた。

指示する方とされる方とその間の人、表にでる人と裏方の人とその間の人・・・。

その度々に自分の立場を認識して、その中で存在感を出しながら、立ち位置をバランスしていくのが"ソツ"がないのかな。

ただ、それってスケールが小さくないか?それとも必要な処世術か。どちらも真なりだから、それは個人のポリシーか。

例えば、組織には得てして内的に保守的なエネルギーが発揮されるという性質がある。それは、よく言うところの【組織の論理】というやつだ。身内に優しいってやつね。結局のところ、何事かを測るものさしが世間基準とずれている面と内輪の論理に従った方が目先の個人の合理性にかなうという面があるのだろう。

組織の性質を理解しながら、都度の局面で立ち位置を微調整する。そういう微調整をしないですむような力をつけたいね。

関連記事
スポンサーサイト
Home | Category : BLTC06 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。