• プロフィール

    HIRO

    • Author:HIRO
    • 某電機メーカーで、情報システムの営業職を経て、現在はマーケティングに従事。顧客の経営改善に寄与するためにビジネススクールに通い、中小企業診断士を取得。息抜きのサーフィン、サッカー、ランニングが最近楽しい。

      ツイッターアカウントは@hiro761006です。
  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2005/11/21(Mon)

【書評】ノスタルジー

僕の小学校には『歩け歩け運動』というイベントがあった。小学校からある設定された地点まで歩いていって、お弁当を食べて、歩いて帰ってくるというイベントだ。行き先はこどもの国という大きな公園のようなところだ。

あの頃はとっても遠く感じて、特に到着してお昼を食べた後にアスレチックや滑り台で散々遊んだ後の帰り道は、それはもう遠くて遠くてクタクタ!!という感じだった。

今振りかって見ると直線距離でも片道7KMくらい。40分あれば走り切れてしまう距離だ。月日が経ったことを実感する。だけど、あの頃の僕らにはとっても遠く感じたんだ。

実はこのイベントにはもうひとつの側面がある。学年中の男の子と女の子がシャッフルされて、手をつないで歩くという側面があって、歩きながら休憩ごとに手をつなぐ相手がずれていく。さながら、長時間で、changeが何度もあるフォークダンスだね。

小学校1年生と6年生では”その意味”は違うけど、やっぱりなんとなく相手を意識するんだろうな。そして、そういう面では女の子のほうが早熟だ。ませてくるってことと深さが違うってことね。

秋にあるこのイベントは、昼間の汗と秋の夕方のひんやりした空気感、そして、夕日と途方も無い疲れ、いろんなものがミックスされて・・・。そんなときはいろんな意味で感傷的だったり、大胆になったりすることがあるんだね。

教師もやっぱり、そういう事を分かっていて、偶然を見逃したりしていた。12歳の頃は、ふられたり、冷やかされたり、一緒に学校まで手をつないで歩いたり。得てして、男のこの方がそういう時は照れてしまって話せなかったりするものじゃない?全然順番では近くない二人が手をつないで歩いていたり。男同士で恋愛の話をしたり。そういうことが始まる年齢だね。


懐かしいなぁとおもう。


そして、驚いたのがそんなイベントが小説になっていた。

【夜のピクニック】


4103971053.09.jpg


本屋が売りたい本というのをランキングにした本屋大賞というので1位をとっていた。なんだか自分の少年時代の想い出を褒められているようでうれしいようで恥ずかしい、そんな小説だ。


関連記事
スポンサーサイト
Home | Category : 読書 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。