• プロフィール

    HIRO

    • Author:HIRO
    • 某電機メーカーで、情報システムの営業職を経て、現在はマーケティングに従事。顧客の経営改善に寄与するためにビジネススクールに通い、中小企業診断士を取得。息抜きのサーフィン、サッカー、ランニングが最近楽しい。

      ツイッターアカウントは@hiro761006です。
  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2005/11/22(Tue)

【書評】年上の女性

18才の頃、恋をしていた。大学1年生だ。

相手は25歳の一人暮らしのOL。週の半分は転がり込んでいた。本当に好きだと思っていたけど、覚えたての色気に惑わされていたのかもしれないし、今となっては分からない。ただ、彼女には色んな悩みはあったようだ。当然だ。

18歳というのは後先をまだ考えない年だろうか。あの時、熱にうなされているかのように、好きだ!って相手にぶつけていた。今となっては分かるけど、そういうのって痛いし、時につらい。

7歳年上の彼女は、学生で、世間を知らない年下の僕に何を見ていたのだろうか。あのときの彼女の笑顔はそれとなくもの悲しげだった。女心は僕には未だに謎多きものだけど、世間の色んなシチュエーションの中でも結構切ない部類のものだと思う。もし切なさを天秤に乗せて計れるのならば、今の僕の何を乗せればつり合わせることが出来るだろうか?

そこにあるのは、終わりは見えているという現実?今を楽しむ享楽性?どう彼女が思っていたかは今もって分からないけど、別れの言葉を告げた彼女の表情はどこかほっとしていたかのように見えた。

年齢なんて関係ない、とか口にするのは簡単だけど、年齢をひとつのステージとして社会から要求されるタスクは、実際問題として非常に高い壁を形作ると思う。

【ドナウの旅人】

4101307040.09.LZZZZZZZ.jpg


僕が好きな宮本輝が書いた長編小説。

夫を、家庭を捨てて、17歳年下の男性とヨーロッパに突如出奔した母を追う娘とその婚約者。勝手なイメージだけど、ヨーロッパの人々には歴史背景に基づいて人生を根源的で、哲学的に捕らえる文化的背景がある気がする。その背景をもって描かれる各登場人物の心理描写やその行動には心打たれるものがある。自分の人生を考えさせられる。

あの時彼女は何を思って、一緒に夕飯を食べて、そして、別れを切り出したのか、この本を読んでその心の一端を垣間見ることが出来たかもしれない。

葛藤ではなかった。すべて知っていたんだ、ということを。

そんな風に思う。

関連記事
スポンサーサイト
Home | Category : 読書 |  コメントアイコン Comment5  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
  • >女心は僕には未だに謎多きものだけど、世間の色んなシチュエーションの中でも結構切ない部類のものだと思う。もし切なさを天秤に乗せて計れるのならば、今の僕の何を乗せればつり合わせることが出来るだろうか?

    素敵な言葉ですね。少しキザな印象も受けますけど。

  • コメント有難う。

    キザといわれると少し恥ずかしいですね。

  • TB有難う御座います。
    今現在、その女性とHIROさんくらいの歳の差の恋愛をしています。
    私も、歳の差なんて関係ないと吐いてきた口です。

    世間体が放り出す、歳の差恋愛の理屈を受け止めて
    諦められるほど簡単な想いってあるのかしら、って思いました。
    理屈じゃどうにもできない気持ちって、あると思う。
    だからこそ、苦しい。

  • 訪問ありがとうございました。
    私は17才年下の男性と恋愛してます。
    男女には年齢、年齢差に関係なく別れが来るんじゃないかな?
    私は今の時間をとっても大事にしています。
    別れても良い思い出になるようにしたいです。
    別れがこないこと願ってますけどね。

  • こんばん☆☆☆愛はここで生きていた、というブログの管理人のnoriです。トラックバックありがとうございました。あなたの記事に「おっ」と思いこちらに伺わせていただきました。今コメントを書いているこのURLはnoriのもう一つのブログの【法学部の為の勉強ブログ】です。あなたがトラックバックしてくれたのはhttp://nori1212.blog34.fc2.com/のブログです。どちらもつたないブログですが、今後とも宜しくお願いします。

     年上の彼女というのは、案外お付き合いしてみると、なんら同年代と変わりないです。個人対、個人のやり取りですから。僕はもう三年近くお付き合いをしています。三年後に結婚も考えています。年の差で何が一番辛いかといえば、結婚ですかね・・・やはり、結婚って金銭面がものを言いますからね、それに自分が何をしたいかによってまだ学校で勉強しないといけないかもしれないしと・・・そういうことで辛くなってくる気がしますね。

    よろしければ法学部の為の勉強ブログの方も覗きに来てくださると嬉しいです。では今日はこの辺で失礼します。

Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。